シエンタのうれしい機能⑫ 6人乗りと7人乗りから選べる

シエンタは、生活シーンに合わせて、6人乗りと7人乗り、お好きな仕様が選べます。
違いは、2列目シートが2人掛けか、それとも3人掛けかという点です。6人乗りでは、2列目シートの中央にアームレストとマルチユーストレイが用意されます。いつでも手元に置いておきたいスマートフォンや小物などを入れられる便利な装備です。対する7人乗りの2列目シートはベンチ式。小物入れがない代わりに、横一列に3人が座れます。
2人掛けと3人掛けのどちらでも、シートは左右分割式。それぞれ前後105mmのシートスライドが可能です。足元に広々としたスペースが広がるのは、高効率パッケージのシエンタならでは。2列目にお子さんを乗せる場合、一番前までスライドさせることによって距離を近づけることができるから安心です。
最大36度のリクライニングも可能で、座り心地は抜群。ロングドライブでも疲れません。

6人乗りと7人乗りの違いは2列目シートの作りです。6人乗りは2人掛けで、7人乗りは3人掛け。普段乗る人数に合わせて、最適なシエンタが選べます。

6人乗り

6人乗りの2列目シート。シートは50:50の分割式で、左右席の中間に、マルチユーストレイが設置されています。

マルチユーストレイは、スマートフォンや小物が置ける便利なスペース。

左右の座席の間には、収納式のアームレストも装備。写真のように手前に引き出して使います。

7人乗り

7人乗りの2列目シートは、ベンチ式の3人掛け。中央席にも、ヘッドレストが装備されます。

大人から子供まで、しっかり3人で乗ることができます。中央の席も、シートベルトは安心の3点式が採用されています。

[ガズー編集部]