レクサスGS 商品解説 先進安全装備

最新テクノロジーを搭載した安全装備

予防安全システム「Lexus Safety System +」

​​​​​​​​​​​・プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ)
「ミリ波レーダー」と「単眼カメラ」の2種類のセンサーが進路上の車両や歩行者を検知し、衝突する可能性が高いと判断したときに、衝突回避あるいは被害軽減を支援する。仮にドライバーがブレーキを踏めなかった場合でも、プリクラッシュ ブレーキが作動。例えば停止車両に対し自車の速度が約40km/hの場合は、衝突回避または被害軽減を支援。また、例えば歩行者との速度差が約30km/hの場合には、衝突回避または被害軽減を支援する。

①先行車・歩行者検知
​②警報ブザーとディスプレイ表示で危険をお知らせ
③A:[ブレーキを踏むことができた場合] ブレーキ踏力を強力にアシスト
​B:[ブレーキを踏めなかった場合] 自動減速

・レーンキーピングアシスト
高速道路や自動車専用道路を走行中に、車線から逸脱する可能性を警告したり、車線からの逸脱を避けるためのステアリング操作を支援。また、レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)の作動中は、車線維持に必要なステアリング操作支援も行う。

・オートマチックハイビーム
夜間走行時に、周囲の明かりの状況によりハイビームで走行可能と判断した場合、ロービームをハイビームに自動的に切り替え、前方視界確保をアシスト。先行車や対向車などを検出するとハイビームからロービームへ切り替え、ドライバーの切り替え忘れを防ぐとともに手動操作の煩わしさを軽減。スイッチ操作でオフにすることも可能。​

・アダプティブハイビームシステム
ハイビームによって視界を確保することにより、夜間の視認性向上に寄与。ハイビームの照射範囲内に車両を検知すると、LEDの点灯/消灯を制御することで、ヘッドランプの照射範囲を調整し、前方の車両や対向車に直接ハイビームを当てないよう部分的に遮光する。遮光範囲は検知した車両の走行に合わせて自動調整されるため、検知車両のドライバーに眩惑を与えない。

・レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)
ミリ波レーダーと単眼カメラで先行車を認識し、車速に応じた車間距離を保ちながら追従走行を支援。先行車が停止した時は自車も停止して停止状態を保持、先行車が発進した時はドライバー操作により発進し、追従走行を再開。高速道路の渋滞走行時など、停止・発進を繰り返すシーンで、ドライバーの運転負荷を大幅に軽減する。

※​レクサス GS Fは、さらに高機能の先進安全装備を搭載。
※​「Lexus Safety System +」の機能は、道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態等によっては作動しない場合があります。機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。数値は一部社内測定値。画像は作動イメージです。

[ガズー編集部]