温泉街にほど近いキャンプ場でデイキャンプ 静岡県静岡市梅ヶ島

新東名高速道路新静岡ICから約60分、静岡の秘境といわれる静岡市葵区梅ケ島。テントやバンガローでキャンプが楽しめる「梅ヶ島キャンプ場」へ行ってみよう。テントは持ち込みのほか、レンタルもある。自分で張る必要がない常設のテントを利用することも可能。
「鯉ヶ滝」は梅ヶ島に点在する多くの滝のうちのひとつ。鯉に化身したという男女二人の悲恋伝説が残る滝は、傾斜面の岩間を縫うように流れ落ちるさまが美しい。
梅ヶ島に来たらぜひ買って帰りたいのが、​「梅ヶ島抹茶サンド」。抹茶クリームをサンドした焼き皮には「梅ヶ島温泉街」の刻印がくっきり。おみやげに最適だ。

梅ヶ島キャンプ場
5万平米の広大な敷地を有するキャンプ場。バンガローや遊具のあるアスレチック広場もあり、ファミリーにもおすすめ。
住所:葵区梅ケ島3198番地地先
営業日:通年(年末年始除く) チェックイン12:00~17:00、チェックアウト10:00
デイキャンプ:12:00~17:00
申し込み:利用1週間前の電話予約が必要。電話054-221-1071(スポーツ振興課・管理担当)※7月3連休~8月31日の夏休み期間は抽選あり
利用料金:テント(1張)持ち込み300円、貸し出し510円、常設1,010円、バンガロー(約10畳・1棟)5,600円
アクセス:静岡駅前から県道29号線を北上。約100分走り孫佐島ドライブインが見えたらその先の梅ヶ島キャンプ場看板を左折。看板に沿って道なりに進む(市街地から約100分、新東名新静岡ICから約80分)
URL:http://umegashima.jp/enjoy/post.html?d=63

鯉ヶ滝
山梨県との県境、安倍峠へ通る林道に流れる滝。男女の悲恋伝説が残り、鯉ヶ滝の名は恋敵(こいがたき)に由来するとの説もある。
住所:静岡市葵区梅ヶ島 TEL:054-269-2525(梅ヶ島温泉観光組合)
アクセス:新東名新静岡ICから梅ヶ島温泉まで車で約50分 林道は冬期~4月中旬および悪天候等により通行止めとなる。
URL:https://www.visit-shizuoka.com/spots/detail.php?kanko=328

梅ヶ島抹茶サンド
抹茶のクリームをサンドしたゴーフルのような焼き菓子。梅ヶ島温泉街の旅館などで購入できる。
​TEL:梅ヶ島温泉観光組合 054-269-2525 (平日10:00~17:00)

お風呂は梅ヶ島キャンプ場から車で約10分の市営の温泉「黄金の湯」を利用しよう。

キャンプ場周辺の安倍の大滝をめぐるハイキングコースは比較的お手軽で人気。

緋鯉と真鯉に化身して結ばれたという伝説の残る「鯉ヶ滝」。

梅ヶ島温泉街でしか買えないという「梅ヶ島抹茶サンド」。

静岡県静岡市葵区梅ヶ島  のガズームラ認定スポット

  • 杉山農園
  • 望月しいたけ園
  • 梅ヶ島コンヤ温泉「大野木荘」
  • おもいでの宿 湯の島館
  • 清香旅館
  • くつろぎの宿 梅の家旅館
  • 湯心の宿 旅館いちかわ
  • 山の宿・P くさぎ里
  • 民宿 湯の華
  • 民宿 力休

[ガズ―編集部]