幽玄な世界を堪能!江戸時代から能が盛んな島、佐渡へドライブ 新潟県佐渡市

両津港から佐渡市の椎崎諏訪神社まで、車で約7分。椎崎諏訪神社の能舞台では5月から10月までの期間、8月を除いて毎月1回薪能を上演する「天領佐渡両津薪能」が行われる。佐渡は能の大成者・世阿弥が流刑された地。また金銀山が多いことから江戸初期には幕府の天領(直轄地)となり、金山奉行として派遣された大久保長安(能役者の息子)により能が広まったという。直近の上演予定は2017年9月9日(土)。伝統ある佐渡の能が定期上演されるこの機会に、民衆が育んだ幻想の世界を鑑賞しよう。
「西三川ゴールドパーク」は、西三川砂金山跡地に建つ体験型資料館。砂金とり体験は上級から初級に分かれ、中級は人工河川、上級は自然河川で体験できる。採った砂金はストラップなどに加工して持ち帰ることも可能(有料)。ぜひ立ち寄ってみよう。

加茂湖を望む椎崎諏訪神社能舞台にて、伝統の薪能を鑑賞。

今昔物語に記述があるといわれる、歴史ある西三川砂金山跡地に建つ「西三川ゴールドパーク」。

人気の砂金とり体験。初・中・上級コースに分かれているので、好きなコースを選ぼう。

採った砂金は目の前でキーホルダーなどに加工してもらえる(1個1500円)。おみやげにいかが?

■天領佐渡両津薪能
江戸時代より能が盛んであり、多くの能舞台が造られた能の島・佐渡。現在も30余の能舞台が残る。両津の椎崎諏訪神社では、薪能を定期上演。佐渡における能の由緒と質を保持する役割も担う。また、佐渡市内では他にも各地で能の上演が行われる。

開催日時:2017年9月9日(土)19時30分~
演目:「清経」
開催地:椎崎諏訪神社能舞台
住所:新潟県佐渡市原黒724
TEL: 0259-23-3300(天領佐渡両津薪能実行委員会)
料金:運営協力金として1000円
URL:https://www.visitsado.com/event/6194/

■西三川ゴールドパーク
金についてのあらゆることがわかる資料館。指導員のレクチャーを受けて体験できる砂金とりが人気。金の歴史が分かる資料を集めた展示室や、お菓子、貴金属などを扱うショップを併設。

住所:新潟県佐渡市西三川835-1
TEL:0259-58-2021(代表)
営業時間:3~4月・9~11月は8時30分~17時、5~8月は8時30分~17時30分、12~2月は9時~16時30分
休館日:年中無休
料金:中学生以上800円、小学生700円、幼児は無料(見学のみ。砂金とり体験をする場合は1人500円)
駐車場:あり(無料)
URL:http://www.e-sadonet.tv/~goldpark/index.html