日本遺産認定!国生み神話の島・淡路へドライブ 兵庫県洲本市

神戸淡路鳴門自動車道洲本ICから洲本市の先山(せんざん)千光寺まで、車で約40分。洲本市のある淡路島は「国生みの島:淡路」として2016年4月、文化庁により日本遺産に認定された。先山千光寺はその構成文化財のひとつ。イザナギノミコト、イザナミノミコトの国生みの際、最初にできた島という先山の山頂に立つお寺だ。山頂からの眺めは「洲本八景」のひとつに数えられ、一見の価値あり。
同じく日本遺産の構成文化財である、伊弉諾(いざなぎ)神宮にも行ってみよう。イザナギノミコト、イザナミノミコトをまつる日本最古のお宮で、2017年9月23日には神楽祭が行われる。
パワースポットともいえる古刹を巡ったら、「農Cafe 八十八屋(はちじゅうはちや)」へ。古民家を改装したレストランで、店内は大正浪漫の雰囲気が漂う。地元の野菜を使ったおいしい料理で、旬の野菜のパワーもいただこう。

国生み神話ゆかりのお寺、先山千光寺の仁王門。先山の下方には天照大神をまつる岩戸神社がある。

伊弉諾神宮。毎月22日は大鳥居や拝殿がライトアップされる夜の特別参拝を体験できる。

伊弉諾神宮の神楽祭では淡路(国生み神話)をはじめ、出雲、高千穂の三大神話の舞を上演。

淡路島の典型的な農村建築、入母屋作りの建物を利用した「農cafe 八十八屋」。

14~17時のティータイムにはスイーツも提供。

農Cafe 八十八屋のランチは3種類。バーニャカウダとソースで野菜を味わう「農園プレート」は特に人気。

■先山 千光寺
国生みの際、最初にできた山だったことから「先山」と呼ばれた山の山頂に建つ寺。大きな猪に化身した観音菩薩に導かれ開基したという。境内には狛犬ではなく「狛猪」が鎮座する。
住所:兵庫県洲本市上内膳2132
TEL:0799-22-0281
駐車場:あり(20台/無料)

■伊弉諾神宮
「古事記」「日本書紀」にその創祀が記載されている、日本最古の神社。日本神話で、国生みを行ったイザナギノミコト、イザナミノミコトを祀る。
住所:兵庫県淡路市多賀740
TEL:0799-80-5001
駐車場:あり(無料)
URL:http://izanagi-jingu.jp/
●第10回 神楽祭
開催日:2017年9月23日(土・祝)
場所:伊弉諾神宮 特設舞台(雨天時は拝殿にて開催)
物産展:9月23日(土・祝)10~19時、9月24日(日)10~17時

■農Cafe 八十八屋
淡路島の都市農村交流施設「宙ーおおぞらー」内にあるカフェ。農業と食卓、生産者と消費者を結ぶカフェとしてオープンした。地元の食材で作る料理やスイーツを提供。お店を会場にしたイベント等も行われ、交流の場になっている。
住所:兵庫県洲本市中川原町中川原92-1
TEL:0799-25-8086
定休日:木・金曜
営業時間:【ランチ】11~14時(ラストオーダー14時)、【ティータイム】14~17時(ラストオーダー16時30分)
※席数が少ないため、予約して行くのがおすすめ。料理も売り切れになる場合があるためあわせて予約を。
URL:http://hachijuhachi-ya.com/