石川県小松市 白山と加賀平野に抱かれた勇壮な自然と古来から現在に至るものづくりのまち

戻る


石川県小松市 白山と加賀平野に抱かれた勇壮な自然と古来から現在に至るものづくりのまち

2016年08月29日 15時00分

 

​​​

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石川県小松市

石川県南部、霊峰白山を望み、雄大な加賀平野に位置する小松市。古代の石文化からはじまり、江戸時代には九谷焼や絹織物などの産業・文化が発展。現在では世界的建設機械メーカーや日本有数のバス製造メーカーがある「ものづくりのまち」として知られています。
霊峰白山のおすすめビューポイントは「木場潟公園」。木場潟は、石川県内で唯一干拓されず自然のままの姿を残しており,潟越しに見る白山の姿は絶景。さらに、里山エリアへ進むと、美しい苔が広がる日用町の「苔の里」や、石の産地、滝ケ原町に点在する石切り場やアーチ形石橋郡など、自然と人の共生によって育まれたさまざまな魅力を味わうことができます。

所在地
石川県小松市
アクセス方法
・小松空港国道360号線経由約10分
・北陸自動車道 小松ICより県道25号線経由約7分

GAZOOコメント
はじめて投稿される方は、 こちら をご覧ください。
Facebookコメント

ガズー会員登録

初めての方は、こちらからガズーの会員登録をしてください。
ガズーとは?
今すぐ会員登録する(無料)