三菱オートギャラリー(愛知県) - 全国の自動車博物館

三菱オートギャラリー

三菱自動車工業の敷地内にあるギャラリーです。約1100平方メートルの施設内には、時代を駆け抜けてきた名車、歴史に功績を残したエポックメイキング車、モータースポーツで活躍した競技車などを中心に展示。エンジンや参考資料、スケッチなども展示され、三菱のクルマの歴史や現代の高性能車に受け継がれている乗用車づくりのコンセプトをわかりやすく紹介しています。

所在地 愛知県岡崎市橋目町字中新切1
開館時間 8:15~17:15(見学は要予約)
休館日 土・日曜日、企業休業日
入館料 無料
TEL 0564-32-5203
ホームページ http://www.mitsubishi-motors.com/jp/corporate/aboutus/facilities/autogallery/

〔主な展示内容〕

三菱A型(1917)、三菱500、シルバーピジョン、みずしまTM3C、Jeepなど約50台を展示。乗用車WD、二輪車などが、ジャンルに分けてわかりやすく展示されています。

  • ギャランFTO(1973年)
  • コルト1100F(1968年)
  • ランサー1400GL(1973年)
  • ジープJ3B-J10(1961年)
  • 三菱500(1960年)
  • 三菱の技術を結集した歴代のエンジン
  • ​施設外観​

​※展示内容は、2013年時点の情報の為、入れ替わる場合があります。詳細は、三菱オートギャラリーにご確認ください。

[ガズー編集部]