運転免許証の「眼鏡等」って?視力にまつわるアレコレ

視力は運転免許証を取るときや更新のときに、必ず検査される条件。でも視力は一生の間で変わってくるもの。視力が変わった場合に運転免許証はどうなるのか、あらかじめ確認しておきましょう。

運転免許証の視力条件、知ってますか?

運転免許証の種類によって視力のボーダーラインもさまざま。両目での視力のみの場合や、片目ずつの視力が必要なもの、奥行きを見極める深視力が必要なものもあるんです。ぎりぎりの場合は再トライさせてもらえることもありますが、視力検査にひっかかると運転免許証の取得や更新はできません。中型や大型免許及び第二種免許を持っている人で、眼鏡やコンタクトレンズをしても基準に達しない場合は、普通免許など基準を満たした免許だけが交付されます。

眼鏡やコンタクトレンズで矯正することで視力条件を満たす場合、(眼鏡等)の条件で運転免許証を取得、更新することができます。また普通と大型の運転免許証を持っている人で、普通は裸眼でOKだが大型は眼鏡をかけなければ通らない場合、「眼鏡等(大型車に限る)」という条件になります。運転免許証の取得や更新で写真を撮る場合、度付きのサングラスやカラーコンタクトの使用はできませんが、普段の運転の際には問題ありません。

万が一、眼鏡等の条件付きの運転免許で眼鏡やコンタクトレンズをせずに運転すると、免許条件違反となり、違反点数2点・反則金7,000円となります。事故を起こしてしまうと過失が上乗せされ、自動車保険金の支払いも減額されることがあります。

また、片目の視力が極端に低い、片目を失明、白内障の手術をしたばかりなど、片目だけが見えないという場合でも、片目で視力0.7以上かつ、視野角150°以上(普通自動車の場合)あればOKという条件もあります。とはいえ、片目だけが極端に悪いという場合には、遠近感がわかりにくいので運転用に眼鏡を作っておくのがおすすめです。

眼科では片目しか測らない場合が多いので、両目視力を知らないという人は多いと思いますが、実は両目での視力は単純に片目視力の合計とはなりません。両目とも同じくらいの視力であれば、その合計よりも両目での視力の方が高い場合が多いのです。また両目で見る場合、片目よりも深視力が高くなる傾向があります。。

ところが左右で極端に視力が違う場合、両目で見るとぼやけてしまい、むしろ視力の高い方の目で見た方がよく見える、ということもあり得るので注意しましょう。

  • 視力が足りないと運転免許証の更新はできません。もし視力が落ちてきたかなと不安になったら、早めに眼科医へ。また最近では眼鏡屋さんなどで無料で視力検査をしてくれることもありますよ。
  • 運転免許証の種類によって、安全な運転のために必要として定められている視力はさまざま。眼鏡等の条件付きであれば、視力条件を満たしているか、運転をするときにきちんと確認しておきましょう。

レーシックで視力回復!運転免許証がそのままだと違反!?

近年、視力回復の手段としてレーシック手術が一般化してきました。ところが運転免許証に(眼鏡等)の条件がついている場合、たとえ視力が回復していたとしてもそのまま運転していると、条件違反となってしまいます。

ただし自動車保険に関しては、レーシック手術で視力が回復した状態で事故を起こしてしまった場合でも、医師の証言などで視力があることが認められれば、通常通り保険金が払われることが多いようです。

(眼鏡等)の条件を外すためには限定解除手続きが必要で、運転免許センターおよび一部の警察署等で行うことができます。また平日しか受けられないこともあるので、あらかじめ電話するなどして確認して行きましょう。

手続きはいたって簡単。所定の窓口で運転免許証を渡し、「限定解除申請書」に必要事項を記入、視力を測ればOK。運転免許証の裏面に「眼鏡等条件解除」と書かれ、次回の更新から表面の(眼鏡等)がなくなります。更新のタイミングであれば、レーシックを受けて裸眼であることを伝えることで、条件解除することができます。

  • レーシックで視力が回復したのに、限定解除をしないで事故を起こしてしまった場合、医師の証言があれば保険金は通常通り払われることが多いよう。しかし違反点数や反則金等は発生するので、すぐ限定解除を行いましょう。
  • 視力条件の限定解除は用紙に必要事項を記入して視力を測るだけ。待ち時間がなければ15分ほどでできるそう!

視力に関するマメ知識!ちょっと自慢できるかも?

運転免許証の種類によって視力の条件が違うワケ
たとえば、原付と普通自動車の場合。原付は公道の速度制限は30km/h。でも普通自動車は100km/hまで出すことができるので、その分早めに予測行動をしなければいけません。そのためより遠くを見渡せる視力が必要なのです。
また中型、大型の場合は制動距離も長く、事故になったときの被害も大きくなりがち。そのため、普通自動車免許よりさらに高い視力と、距離感を測るための深視力が必要とされているのです。

視力は回復する!?
一度落ちてしまった視力は、眼鏡やコンタクトレンズで矯正するのが一般的。でも視力を矯正するのではなく回復させる方法もあるので、まとめてみました。

目の筋肉を鍛える!
視力回復トレーニングとは、眼球を動かして目の焦点を合わせる筋肉を鍛えるもの。いろいろな方法があるので、代表的なやり方をご紹介。

①ギュッと目を強く閉じる
②目を開けて10秒間目だけで上を見る
③ギュッと目を強く閉じる
④同じように下・右・左を目だけで10秒見る
⑤指で目の前に∞の字を描いて、それを目で追う
⑥指を奥から手前に動かして、焦点を合わせながら目で追う

この他にも、マジックアイという呼び名でも知られる、ステレオグラムも視力回復に効果があるとされています。これは目の焦点を前後にずらして合わせることで、立体的な画を見ることができるもの。
目を動かす視力回復トレーニングもステレオグラムも、スマートフォンのアプリなどで手軽にできるものが出ているので、探してみるのもいいですね。

目の筋肉の血行促進
目の血行をよくすると、焦点を調節する筋肉の緊張がほぐれ、軽度の近視程度なら視力が回復することがあります。視力回復トレーニングの後に蒸しタオルなどで温めたり、マッサージをしたりするのがおすすめ。また、目の周りにあるツボを押すことでも、血行促進効果が期待できます。

医療用コンタクトレンズ
オルソケラトロジーという特殊なハードコンタクトレンズは、寝ている間に装着し、角膜の形を変形して視力を矯正するというもの。日中は裸眼で生活できるというメリットがあります。


視力は目のコンディションによっても上下します。長時間パソコンでの作業をするなど、目を酷使した後は視界がぼやけて一時的に視力が低下することがあります。運転するときには疲れ目にも注意して、目の調子を整えるよう心がけましょう。

視力は運転する上でとても重要な要素です。眼鏡等が必要であれば自分に合ったものを作り、時々は視力が下がっていないか確認しておきたいですね。またレーシック手術を受けて視力回復したら、なるべく早めに条件解除しておきましょう。

[ガズー編集部]