注目のムラブロガー第4回オーリーさん ~小国~

のどかな農村風景が広がる小国町(おぐにまち)。今回はここでカフェバーやコミュニティサロンのオーナーからフリーペーパーの編集長と幅広く、小国再発見のために活動しているオーリーさんにご登場いただきました!

「地元の人を触発しながら小国をもっといい町にしていきたい」

2008年4月

『WEG』のバックナンバー。

『WEG』のバックナンバー。WEG(ヴェーク)とはドイツ語で“道”という意味。A3両面刷りで隔月25日に発行されおり、町内のお店や観光施設などに置かれています。

『WEG』の表紙撮影で牛舎へ

『WEG』の表紙撮影で牛舎へ。「毎回、表紙は小国らしい場所で撮影するようにしています。場所探しに苦労してますけどね(笑)」

小国のフリーペーパー『WEG』と高千穂のフリーペーパー『FIVE』の合同交流イベントの一コマ。

小国のフリーペーパー『WEG』と高千穂のフリーペーパー『FIVE』の合同交流イベントの一コマ。高千穂のエイサーチームの演舞。こうした交流も時々開催しているのだそう。

今年2月、十数年ぶりに開催された地元酒蔵の新酒祭り。

今年2月、十数年ぶりに開催された地元酒蔵の新酒祭り。出し物や出店などで盛り上がりました。この写真は地元のビッグバンドの演奏。酒蔵がこの日はライブ会場に!

何気なく小国に帰ったつもりが……

―5年前に小国へUターンされたそうですが戻ってみての感想は?
「最初は居を移すつもりで帰ってきたわけじゃないんですよ。ちょっとのんびりしようかなぁぐらいの軽い気持ちでした。でも、あれからもう5年、すっかり居座ってますね(笑)」

―お店の運営やフリーペーパー制作など、オーリーさんの活動を見ているとどっぷり町に溶け込んでる感じがしますが……
「最初はこの町でのコネクション作りも兼ねてカフェバー『オレンヂ』をオープンしたんです。いろんな人が集まれば情報交換ができるし交流も生まれるでしょ。そしたら案の定、小国に住む若い子向けの媒体を作ろうという声が上がって『WEG(ヴェーク)』を立ち上げることになり制作のお話をもらったんです。コミュニティサロン『スパイラルキューブ』に関しても、本当は仕事場だったんですが、せっかく通り沿いなのに何もしないのはもったいないと思ったから作ってみただけ。今では小学生からおばあちゃんまで幅広い年代が集う不思議なスペースになってますけど(笑)。だからにすごい意気込みがあったわけじゃなく自然な流れでこうなった感じです」

若者の、若者による、若者のための情報を発信

―オーリーさんは『WEG』の編集長ということですが、どんな冊子なのでしょう?
「若者向けの小国情報誌です。小国には役場が制作している農村情報誌『Walk』があったんですが、この若者版があってもいいのでは?とうことになり 2004年11月に創刊されました。僕はもともと印刷会社に勤めていたので紙媒体が好きでしたし、デザインをやりたい気持ちも強かったので携わらせてもらったんです。そして、『WEG』では毎回、田舎で頑張っている人や町の実はオモロイところなどを紹介しているんですが、これを見て小国の人が触発してくれることを目標に作っています」

今後の取り組み、そして小国の未来のために

―多忙なオーリーさんですが、さらに九州ツーリズム大学に通おうと思ったのはなぜですか?
「これもわりと気軽に(笑)。地元しか知らないのは世間が狭くなると思って、自己啓発のためにも参加してみたんです。でも、これが意外と面白くって」

―なにか将来役立ちそうなことは見つかりましたか?
「まだ明確には見つかってないですけど、次世代を育てていかなくては!と実感してます。個性的な人が多い小国のDNAをずっと残したいですからね。なので、今はそれをするための準備期間として見聞を広げていこうと思っています」

―今後の活動のスタンスは?
「僕は中学以降小国を離れていたので地元のことを意外と知らないんです。でも、ここに染まってしまうと見えるものも見えなくなってしまうと思うんです。だから、小国とはいい距離間を保ちながらマイペースでやっていけたらと考えています」

マイスタイルでオリジナルの小国活動をしているオーリーさん。そんな生き方に次世代を担う若者たちも憧れを抱いていることでしょう。小国のDNAをずっと残していって下さいね!

話題満載! オーリーさんのブログはこちらから

ブログを見る ムラ情報を見る