TOYOTA ラグビー部 Verblitz 前の記事次の記事

7 19
【ヴェルブリッツ】2017網走夏合宿レポート(3日目) 

​7月19日 三日目 晴れ 28℃

昨日までの曇り空から一転し晴天の下フィジカル対決となった東芝ブレイブルーパス戦。

試合終了まで一進一退のゲーム展開となり、最終スコアは24-26。

ジェイク監督初采配を白星で飾ることはできなかった。

怪我でプレーできないメンバーを除くほとんどの選手がプレーをした一戦。

チームは何を感じ、何をどの様に学んだのだろうか?

身体をぶつけ、肌で感じた選手達に響く試合であったことは間違いない。

ジェイク監督のラグビーは至ってシンプル。

ボールは敵のいない場所に運びトライをする。

その為には、前を見て判断をし、シンプルかつ正しいプレーを選択する。

失点のリスクの高い自陣ではプレーしない。

ボールを保持しない場合はその真逆。

ゲインラインの前で止めてボールを奪う。

この一連の動きをどんな時も、どんなにきつくても皆で繰り返す。

チームはこれを「HARD WORK」と呼び、日々全てのトレーニングはこの「HARD WORK」を

正確に行うための準備である。

22日(土)には昨シーズンチャンピオンのサントリーサンゴリアスの胸を借りる。

今日の一戦からの学びを生かしメンバー全員が高い精度で「HARD WORK」を行い

30日後に控えた豊田スタジアムの開幕戦を歓喜の渦で包み込む布石としたい。

0719.JPG 

P.S

豊田市在住の高校生ラガーマンからブログ再開に際して励ましの言葉を頂きました。

暑い中練習は大変だと思いますが、花園目指して頑張ってください。

ありがとう「とち」!!

コメント

この投稿に対するコメントはありません。