谷街道の宿場町「いいやま宿」… 「いいやま箱店屋横丁」通信

 小京都と呼ばれる飯山…… 谷街道・北国街道・十日町街道の要衝として栄えました。
 その飯山をこよなく愛する「いいやま箱店屋横丁」大家が、素晴らしい飯山の自然・人情・祭り・イベントを紹介するブログです。
「いいやま箱店屋横丁」というのは、平成18年に飯山地方の情報を発信したいと開店した店の名前(箱=ボックスの店が並んだ横丁という意味)です。

谷街道の宿場町「いいやま宿」… 「いいやま箱店屋横丁」通信

  • 飯山線・ほくほく線写真展〜十日町市情報館
    ​十日町市情報館で、㋂29日に開会した飯山線・ほくほく線写真展に行ってきました。十日町市には、JR飯山線とほくほく線が東西南北に交差するように走っており、二つの鉄路が交差する場所に、ほくほく線とJR飯山線の十日町駅が設置されています。JR飯山線には、「快速リゾートビュー号」「火炎街道号」「十日町きものまつり号」や「ゆきまつりには「スノーエクスプレス号」が運行される他、26年度から「越…
  • 霊峰妙高山に沈む太陽を〜春秋の彼岸中日の2回だけ見ることが出来ます。
    ​飯山市瑞穂にある「小菅神社」は、明治時代の神仏分離まで、新義真言宗に属する小菅山元隆寺(こすげざんがんりゅうじ)と言われ、下之院 、中之院、、上之院を合わせて三十六坊を有し、戸隠や飯綱と並ぶ北信濃の三大修験場として隆盛を誇りました。創建の由来は〜仏法を広めるのに相応しい地を探して諸国を巡っていた修験道の祖・役小角(えんのおづの)=役行者(えんのぎょうじゃ)が小菅山に出合い、白鳳8(…
  • この雪崩防止柵に守られて10世帯19人の人々が暮らしています。
    ​3月末というのにまだまだ厚い雪に覆われている飯山市の山間部〜恊斜面に幾重にも雪崩防止柵が設置されています〜この雪崩防止柵に守られて10世帯19人の人々が暮らしています。統計ラボによる国勢調査時点での高齢化率は64%〜半数以上が高齢者の一人暮らし世帯です。横丁大家が訪ねた26日は久しぶりの好天〜道路除雪により、集落内の道路には雪が無くその乾いた道路を、4人高齢の女性が、集落の上の方へ…
  • 海鮮蔵「魚魚魚」
    ​須坂市に行ったついでに〜海鮮蔵「魚魚魚」=ぎょぎょぎょ須坂店で昼食を食べてきました。食べたのは〜釜揚げ小女子かき揚げ丼でした〜ぎょぎょぎょとは〜鮮度にぎょっボリュームにぎょっ価格にぎょっという意味だそうです。このボリュームで880円とは安い〜
  • 雪がちらついています。
    ​冬に逆戻りしたかのように雪がちらついています。3月下旬になっても寒い日が続き〜本格的な春になるのはいつになるのでしょうか?​
  • 小菅神社のある小菅集落から、妙高山の山頂に沈む太陽
    ​「お彼岸」というのは、サンスクリット語の「波羅密多」から来たものといわれています。煩悩と迷いの世界である【此岸(しがん)】にある者が、「六波羅蜜」(ろくはらみつ)の修行をする事で「悟りの世界」すなわち【「彼岸」(ひがん)】の境地へ到達することが出来るというものだそうです。太陽が真東から上がって、真西に沈み昼と夜の長さが同じになる春分の日と、秋分の日を挟んだ前後3日の計7日間を「彼岸…
  • 3月の高社山
    ​雪ほかしが行われ〜雪の塊が続く道端から見た高社山です〜まだまだ厚い雪に覆われています。雪消えはかなり遅くなりそうです。
  • 千曲川河川敷飯山市雪捨て場の今〜
    ​千曲川河川敷飯山市雪捨て場の今〜広大な雪捨て場に捨てられた雪〜白いはずの雪が〜こんなに汚れています。一日も早く雪消そうとして、ブルドーザーで雪ほかしを始めました。まだ雪の量が多すぎて〜本格的な作業にはなっていません。
  • 3月22日(日)にチェロ&ピアノコンサート「明治から届く音」を開催
    ​ 飯山市の隣村の木島平村の有志が、木島平村内で創作活動をする芸術家らの支援のために「木島平アート部」を組織して活動しています。村民が芸術を身近に感じられる環境づくりも柱に据え、美術や音楽などジャンルを問わずに活動を展開しています。駐日ルクセンブルク大使館の事業として、ルクセンブルクの画家が2010年夏に村に滞在したのがきっかけにして、当時交流した村内の通訳や和紙職人が呼び…
  • ルピナス=ノボリフジ
    ​ ルピナスです。花色は黄、オレンジ、赤、青、紫、ピンク、白などがあり、花穂は大きくなるもので長さ70cmに達します。その花姿からノボリフジ(昇り藤)の別名があります。
  • 雪ほかし作業が盛んにおこなわれています〜
    ​  アメダスの飯山観測点の昨日の積雪量は85㎝です。そして〜の最高気温は14.9℃〜雪消えが一気に進みました。市内の各地で、道路除雪で道路際の田圃や畑に山積みされた雪を、早く消すための「雪ほかし」作業が行われています。これは、固く押し付けられた雪を、ショベルカーなどで「ほかし」日光の辺りをよくして、早く消すための作業〜この風景を見ると〜春が近いことを感じます。
  • 営業中の洋菓子店で制作していた林檎の壁画が完成しました〜
    ​  営業中の洋菓子店「パティスリーヒラノカフェ」で、多摩美術大学客員教授の田窪恭治さんが公開で描いた林檎の壁画が完成し、「完成イベント」が開かれました。この壁画は、3月1日から3月13日まで公開で描き続けられたもので、パティスリーヒラノさんも会員である「広小路会議」のイベントとして企画されました。新幹線飯山駅開業記念広小路イベントと銘打ち開催されたイベントは、広…
  • 北陸新幹線飯山駅開業を記念してファッションショーが行われました。
    ​  昨日〜北陸新幹線飯山駅開業を記念してファッションショーが行われました。ファッションショーを行ったのは、東京新宿にある文化服装学院〜。飯山市出身であり飯山市名誉市民である大沼淳さんが理事長を務める学校です。テーマは縷縷〜つながりゆく文化の共鳴スタッフは、文化服装学院のアパレルデザイン科&防止・ジェリーデザイン科などの生徒の皆さん、モデルは分服装学院の学生や、飯…
  • 昨日〜北陸新幹線飯山駅開業イベント〜盛大に〜
    ​ 北陸新幹線飯山駅が開業しました。飯山駅への一番列車は、長野発6時11分発金沢行の「はくたか591号」飯山駅へは6時21分に到着し、6時22分に出発する列車でした。横丁大家は、この一番列車に乗車し上越妙高駅へ〜上越妙高駅には11分後の6時33分に到着。上越妙高駅構内の「SAKURAプラザ」内の〜越後食処「7つのおもてなし」で朝食を食べ〜上越妙高駅発7時15分発東京行き「は…
  • ​新幹線飯山駅~今日開業しました。
    ​ 新幹線飯山駅~いよいよ今日開業しました。この新幹線開業を生かし、飯水岳北地域が発展することを願っています。新幹線飯山駅が開業したからと言って、自動的に観光客が多くなるわけでも、地域が発展するわけではありません。どう生かし切るかにかかっています。地域住民が力を合わせ~この地域に住むことを誇りに思えるような地域にし、その魅力を大いに発信していくようにしなければいけないと思い…
  • 北陸新幹線飯山駅〜明日開業
    ​ 北陸新幹線飯山駅がいよいよ明日開業します。その開業をめざして〜準備作業が急ピッチで行われています。明日は飯山駅前広場などで〜市民大合唱コンサートや、奈良沢の大天狗、お祝い花火等の〜開業日前夜祭が行われます。
  • ​サイネリア〜
    ​ サイネリア〜サイネリアの開花期は1月~4月。花色は黄色とオレンジ色以外はほぼ揃っています。単色だけではなく蛇の目模様になるものもあります。花の大きさは小輪種で2cm、大輪種は10cm近くになります。
  • 「旧中央橋」をスキーで滑るイベント「かけ橋(はし)る」が行われました。
    ​ 3月9日~夜新中央橋開通に伴い取り壊されることになっている~旧中央橋に感謝の気持ち=サンキューと言う意味を込めて~「役目を終えた「旧中央橋」をスキーで滑るイベント「かけ橋(はし)る」~として中央橋上をコースに距離スキー大会が行われました。飯山市のNPO法人「インサイドアウトスキークラブ」が主催して開催されたもので、国体選手をはじめ大勢の参加者がありました。中央橋をコース…
  • 帆掛け船と舟橋のレリーフのある中央橋親柱〜
    ​  文豪島崎藤村の作品に「千曲川のスケッチ」があります。藤村が「美術」に用いられる写生を散文に応用しようと試みた作品だということで重要な作品とされています。小諸市で教師生活を送っていた島崎藤村は1904年(明治37年)小説「破戒」の取材のために雪の飯山の真宗寺に泊まりがけで取材に訪れました。。そして、小説「破戒」の主人公、瀬川丑松が下宿する寺のモデルにしました。…
  • ​高校に「地域おこし協力隊員」と「ふるさと教員」が常駐〜
      高校に「地域おこし協力隊員」と「ふるさと教員」が常駐〜岡山県和気町和気閑谷高校=(わけしずたにこうこう)「意志ある学び2014報告会〜希望を拓く学校をつくる〜が、3月8日(日)飯山北高校で開催されました。この報告会は、飯山北高校が2012年度から2014年度までの3年間取り組んできた「ふるさとの“意志ある学び“で拓く北信州の未来プロジェクト」の3年間の取り組み…