谷街道の宿場町「いいやま宿」… 「いいやま箱店屋横丁」通信

 小京都と呼ばれる飯山…… 谷街道・北国街道・十日町街道の要衝として栄えました。
 その飯山をこよなく愛する「いいやま箱店屋横丁」大家が、素晴らしい飯山の自然・人情・祭り・イベントを紹介するブログです。
「いいやま箱店屋横丁」というのは、平成18年に飯山地方の情報を発信したいと開店した店の名前(箱=ボックスの店が並んだ横丁という意味)です。

谷街道の宿場町「いいやま宿」… 「いいやま箱店屋横丁」通信

  • 斉に震源地の栄村の方向に90度向きを変えた六地蔵
    ​飯山市西大滝地にある六地蔵〜2011年3月12日の長野県北部地震の震源地は栄村〜榮村に隣接しているのが飯山市西大滝地区です。長野県北部地震により、榮村は大被害が発生しました。しかし西大滝地区の被害は軽微ですみました。この地震の時、西大滝地区の国道沿いにある6体のお地蔵様は、一斉に震源地の栄村の方向に90度向きを変えました。西大滝地区の人々は、この六地蔵が西大滝を守ってくれたのだと六…
  • 小布施町の桜堤の八重桜が満開です。
    ​小布施町の桜堤の八重桜が満開です。この小布施町の「千曲川リバーサイドパーク」は、千曲川河川環境整備事業の一環として建設省千曲川工事事務所(整備当時)と小布施町が共同で整備されたものだと言います。この小布施橋近くの千曲川堤防上の「桜堤」には、全長4キロにわたり600本の八重桜「一葉」が植えられています。この品種の八重桜は遅咲きで、今満開の時期を迎えています・この桜は、高速道路からもよ…
  • 紅山桜と高社山〜
    ​高社紅山桜と高社山〜山の雪解けが進んでいます。その残雪の高社山と紅山桜です。
  • 奥信濃木島平〜樽川沿いの「菜の花ロード」
    ​奥信濃木島平〜樽川沿いの「菜の花ロード」菜の花満開〜写真奥に見える黒い建物は〜5月1日にオープンする「道の駅FARMUS 木島平」
  • 菜の花&桜&椿も咲いています〜
    ​まだまだ寒い日がありますが〜奥信濃飯山はいよいよ春真っ盛り〜菜の花桜椿芝桜カタクリなど春の花々が一斉に咲いています。
  • 雪が消えたので〜墓参り
    ​母が逝ってからあと数日で1年〜雪が消えてから初めて墓参りに行ってきました。菩提寺は〜苔寺&紅葉の寺としても有名な称念寺〜。境内の木々の芽ぶきがようやく始まり〜苔の緑も色が濃くなっていました。今年の大雪の中でしたが〜墓石も石灯籠も傾いてはいませんでした。​
  • 奥信濃飯山〜桜もチューリップも満開
    ​アメダス飯山観測点の昨日14:00の気温は24.5度。南南西の風9.8m〜急に暑いほどの陽気になりました。この熱さもあり飯山市の中心街の25m道路の桜は今日が満開です。近くの道路沿いに植えられているチューリップも満開になりました。
  • 奥信濃飯山〜カタクリ群生地〜4月下旬には見頃です。
    ​奥信濃飯山にも〜カタクリの群生地があります。ぜひ〜飯山のカタクリ見物にお出かけください。太田五束の飯山市太田五束の「健御名方富命彦神別神社」の裏山外様の黒岩山の中腹の県道沿い〜そして、秋津水梨子沢〜水梨子沢は勘助山古墳の近くですが〜地元の方と一緒でないといけない場所です。横丁大家は、昨年行ってきました。何れも㋃下旬に見ごろになります。写真上から2枚五束のカタクリは2013年4月23…
  • 「道の駅FARMUS 木島平」のトイレの表示はバケツ&スコップ&ジョロ
    ​木島平村農の拠点施設「道の駅FARMUS 木島平」は古い工場をリメイクして作られています。床もかっての工場の床そのものだったり〜天井も張ってないところがあったり〜外壁にも、田んぼのあぜ道に使う「あぜボード」が使われていたりします。またトイレの表示がなかなかいいのです。女性用のトイレはバケツ男性用がスコップ身障者用がジョロなどで表示しています。2015年5月1日にオープンします。
  • 「道の駅FARMUS 木島平」は2015年5月1日にオープンします。16日に内覧会
    ​木島平村農の拠点施設「道の駅FARMUS 木島平」は2015年5月1日にオープンします。16日に内覧会が行われました。道の駅FARMUS木島平」は、木島平村の農業を中心とした産業振興を目的に村が建設した施設。管理運営は、村民出資による村民会社である農村木島平株式会社が行います。村の玄関口に位置し、野沢温泉村や北志賀高原を経由して山ノ内町に至る交通の要所に建設さ、「農の村木島平」の情…
  • ​木島平村農の拠点施設「FARMUS 木島平」
    ​ 木平村農の拠点施設「FARMUS 木島平」ファームス木島平は、元はデルモンテの工場。トマトジュースやケチャップをつくっていました。木島平村農の拠点施設「FARMUS 木島平」は2015年5月1日にオープンだそうです。
  • 奥信濃飯山〜鍋倉山の残雪の中に芽吹くブナ林に出会う旅に〜出かけませんか?
    ​残雪とブナの新緑〜タムシバに会いに〜鍋倉山へ 飯山駅から22km車で〜40分市街地からたった22kmの場所に手つかずのブナ林が残っています。降雪地で知られる飯山の中でも鍋倉山一帯の雪の量は8mにも及びます。5月末から6月になってもブナ林の中の雪は解けずに残っています。その残雪の中で〜ブナの木の芽吹きが始まります。この時期の〜ブナ林の中の雪の表面は固く締まって、スキーやスノーシューな…
  • 奥信濃飯山〜「朧月夜」(唱歌)のふるさとの〜いいやま菜の花まつり
    ​奥信濃飯山 第32回いいやま菜の花まつりは 5月3日(日)から5月5日(火)までいいやま菜の花公園で開催〜見頃は、4月下旬から5月中旬まで(予想)今年は北陸新幹線に乗って〜お出かけください。いいやま菜の花まつりの内容&アクセス等の細部は〜http://www.iiyama-ouendan.net/をご覧ください。なお、この菜の花公園一帯の菜の花畑は〜高野辰之作詞の唱歌「朧月…
  • 須坂市の小日向観音堂の枝垂桜祭りに行ってきました。
    ​須坂市の小日向観音堂の枝垂桜祭りに行ってきました。この枝垂桜は、地元で夫婦桜と呼一対の桜で、樹齢は約250年。桜は両樹とも高さが約20mあり、寛永元年(1624)に建立されたと伝えられる観音堂の隣にあり、6分咲きの濃い花の桜が弧を描くように咲いていました。地元の「桜を守る会」がテントの休憩所売店を開いていました。​
  • 5月〜菜の花に埋もれる阿弥陀堂へ「おうめ」ばあさんに会いに来ませんか?北陸新幹線で日帰り出来ます。
    ​2002年の10月に封切られた小泉堯史監督の映画「阿弥陀堂だより」小泉堯史監督が自ら選んだ小説「阿弥陀堂だより」を脚色し映画化した作品。飯山市を中心とする岳北地方での1年間にわたる長期撮影と、豪華なキャスト、優秀なスタッフが実現させました。監督自身が「爽やかに吹きぬける風を感じられる作品にしたい」と、語っているごとく清々しい作品です。出演者も、寺尾聰、樋口可南子、田村高廣、小西真奈…
  • 梅が満開です〜
    ​寒い日が続いていたのに〜近くの公会堂の庭の梅が満開になっていてびっくりしました〜
  • チューリップが寒さに震えています〜
    ​飯山市街地から堤防に上がる道路の擁壁の南側の根本に〜チューリップが植えられています。北風が遮られ、日がよく当たる場所のチューリップは、ほかの場所より早く間もなく開花します。ただ〜今日の寒さに震えています。
  • 飯山市千曲川河川敷の雪捨て場
    ​飯山市千曲川河川敷の雪捨て場です。雪解けによる千曲川の増水前に雪を消しておかないと〜雪が支障になって堤防決壊の恐れがあるために急ピッチで消雪のための溝堀利作業をしています。まだまだ〜一杯雪があります。​
  • プランターの菜の花や、鉢植えの雪柳が咲き始めました。
    ​我が家の畑の雪がやっと消え〜プランターの菜の花や、鉢植えの雪柳が咲き始めました。水仙の花はまだ固い蕾のままです。
  • 皆既月食〜
     4月4日〜皆既月食が見られました。天気が心配されましたが、飯山地方は若干雲がかかった時間帯がありましたが、月食が始まりから終わるまでを観察することができました。飯山地方は、まだ雪が残っているところもあるなど、満開の桜の花越しに月食をみることはできませんでしたので、開通したばかりの新中央橋(エクストラドーズド橋)の主塔越の月食撮影に挑戦しました。​