トヨペット Green Lifeのブログ

柳生真吾がおくるエコな生活。






トヨペット Green Lifeのブログ

  • ウクレレは森にこそよく似合う!?
    前回まで八ヶ岳倶楽部の森で始めた新しい試みについて紹介してきましたが、最終回となる今回は、僕個人の森の中での初チャレンジについて書いてみようと思います。  先日の八ヶ岳倶楽部25周年感謝祭の話はこのブログでも書きましたが、この機会に、これまでにやったことがない方法で、みなさんに感謝の気持ちを示したいと考えていたんですね。 そこで思いついたのが、ビートルズ…
  • 森の中の落語会
    ​先週は、今年からスタートした八ヶ岳倶楽部の森の朝食についてご紹介しましたが、今週も引き続き、この森をテーマにしたお話をしたいと思います。  先日、八ヶ岳倶楽部では「森の中の落語会」というイベントを開催したんです。 東日本大震災の復興チャリティー企画で縁があった落語家の五明樓 玉の輔さんに依頼をし、妹弟子の春風亭ぴっかりさんとともに出演して頂くことができ…
  • 森でいただく朝ごはん
    先週みなさんにお伝えしたとおり、このGreen Lifeのブログもいよいよ残りあと3回となりました。 今週から3回に分けて、八ヶ岳倶楽部の森でこれから実践しようとしている僕なりのGreen Lifeを紹介してみたいと思います。今年で25週年を迎えた八ヶ岳倶楽部ですが、この場所に10年かけてつくった森の気持ち良さをみんなに伝えたいということが、倶楽部をオープンしたそもそものき…
  • ありがとうGreeen Life!
     先週まで、人生初の富士登山について書いてきましたが、今日はみなさんに大切なお知らせがあります。 さまざまな角度からGreen Lifeの魅力をお届けしてきたこのブログですが、今年の10月をもって、ついに終了することになりました。 2010年4月、1年間のつもりで始めたこのブログでしたが、こうして4年以上にわたって続けることができたのは、みなさんの応援が…
  • 自分のペースで向き合う富士山
    先週は、知られざる富士山一合目から五合目までの登山ルートをご紹介しましたが、4時間ほどかけてのんびりこのルートを歩いた僕らは、五合目の山小屋で一泊することにしました。富士山で唯一通年で営業していることで有名な5合目の「佐藤小屋」。ご主人、女将さん、小屋の料理、すべて最高だったよ!​ 富士山の登山客は、頂上でのご来光に合わせてスケジュールを組むケースが多いんですね。そうすると…
  • 忘れ去られた森の風景
    先週は富士山の麓、山梨県の吉田口周辺の歴史や文化についてご紹介しましたが、今週はいよいよ富士登山のことを書いていこうと思います。浅間神社では神職の方に富士登山の歴史について教えて頂けました。 今回僕たちは、江戸時代の人たちが富士登山の起点としていたという北口本宮富士浅間神社からスタートすることにしました。神社でお参りを済ませた後は、かつて修験者たちが発見し、祈りの対象として…
  • 知られざる富士登山の歴史
    前回お伝えしたように、今週からはこの夏にトライした人生初の富士登山のことを書いていこうと思います。富士山は山梨側、静岡側それぞれに複数の登山道があることはご存知だと思いますが、今回僕らは登山客の約半数が使うという山梨県側の吉田ルートを歩くことにしました。江戸時代から続く「富士講」の人たちが使う「まねき」と呼ばれる旗。ものすごく伝統を感じるよね。 富士山は古くから日本人の信仰…
  • 登って感じる富士山の魅力
    ​みなさん、今年のお盆休みはいかがでしたか?もしかしたら今年は、世界遺産に登録されたばかりの富岡製糸場に出かけてみたという方もいらっしゃるかもしれませんね。世界遺産といえば、昨年世界文化遺産に登録された富士山も登山シーズンまっただ中ですね。これまで日本中の山に登ってきた僕ですが、実は富士山には登ったことがありませんでした。八ヶ岳倶楽部から見える富士山。毎日見てはいるんだけどね。​日本…
  • 八ヶ岳倶楽部25周年感謝祭!
    八ヶ岳倶楽部は、先月の26日に無事25回目の誕生日を迎えることができました。 これもすべて、通い続けてくれているお客さんやお店のスタッフ、そして家族の存在があってこそ。 ということで、みんなにその感謝を伝えるために、7月25日、26日の2日間でスペシャルイベントを開催し、音楽ライブや展覧会、森のツアーをはじめ、さまざまな催しを行いました。当日はレッドカーペットの演…
  • 八ヶ岳フォトギャラリー
    先週まで八ヶ岳登山にまつわるさまざまなトピックをお届けしてきましたが、その道中で良い写真がたくさん撮れたんです。そこで今回は、そんな写真たちをみなさんにご紹介したいと思います。八ヶ岳の稜線。日本じゃないみたい。朝日があたる硫黄岳山荘。陽の光が身体に染みこんでくる。硫黄岳から赤岳に続く長い稜線。これも外国の風景みたいでしょ?途中の山小屋でおしるこ休憩。温まるし甘いものでエネルギー補給が…
  • 高山植物は僕たちの宝物
    森林限界までは人間の世界、それから先は神様の場所という話をこのブログで書きましたが、その神様の世界で、ちょうどこの季節だけ見ることができるのが、岩山にけなげに咲く高山植物の姿です。 僕たちが八ヶ岳縦走をした時にも、「ツクモグサ」や「オヤマノエンドウ」、「キバナシャクナゲ」など、数々の可憐な植物たちと出合うことができました。過酷な場所にひっそりと咲いているものが多いので、よく…
  • 山小屋の魅力に触れる
    前回、二泊三日の八ヶ岳縦走の様子をみなさんに紹介した際に、縦走ならではの魅力についても書きました。 日帰り山登りでは、歩いているうちに徐々に山登りの良さというものが身体に沁みてきて、それがピークになった頃には下山の途についているというケースが多いんですよね。 一方、縦走の凄いところは、山登りって良いなと思っているその気持ちのまま、翌日が始まることなんです。…
  • 南八ヶ岳縦走にトライ!
    前回は、僕の新たな相棒となった登山靴の話を書きましたが、その靴を履いて、二泊三日の八ヶ岳縦走に行ってきたんですよ。八ヶ岳を縦走で登るのは初めて!ワクワクしています。 八ヶ岳の山々にはこれまでに何度も登っているんですが、いつか山小屋に泊まりながら縦走をしてみたいと思っていたんですね。 そこで、新しい登山靴を買ったこの機会に、改めて八ヶ岳にしっかりご挨拶をするつもりで…
  • 好きになれる道具を見つけよう
    先日、バリ島・アグン山登山についてこのブログでも紹介しましたが、実はその登山で、3年間履き続けていた登山靴が潰れてしまったんです。 その時はもちろん悲しかったんですが、同時にずっと大事に履いてきた靴を使い切れたうれしさのようなものもありました。 ベロベロになってしまったその靴はいまも家に置いてあるんですが、色んな山に一緒に登ったその相棒を眺めていると、ニヤニヤして…
  • お遍路ってなんだろう?
    ​前回は愛媛県にある石鎚山登山について書きましたが、山登りを終えた僕らは、今治市にある四国八十八ヶ所のひとつ、仙遊寺さんの宿坊に泊めて頂きました。仙遊寺さんの宿坊には温泉などもあって非常に広く、美味しい精進料理も頂くことができ、たくさんの人が宿泊していて、すでに7、8回ほど八十八ヶ所回りをされているというベテランの方ともお話する機会もあるなど、とっても有意義な時間が過ごせました。自前…
  • 西日本最高峰・石鎚山に登ってきた!
    みなさんは、西日本最高峰の山が四国にあることをご存知ですか?四国を訪れた僕たちは、愛媛県にある標高1982mの西日本最高峰・石鎚山にも登ってきましたよ。この石鎚山は日本百名山であるだけではなく、日本七霊山にも入れられていて、空海と役行者が修行したという山岳宗教の山なんだそうです。ロープウエイで中腹まで行くと、石鎚神社の立派な祠と鳥居があるのですが、そこから山頂まではすべて参道になって…
  • 人生初のお遍路体験
    前回もお伝えしたように、今週からは先日訪れた四国での旅について書いていこうと思います。愛媛・松山空港に降り立った僕らは、まず観光案内所に足を運んだのですが、そこでお遍路の道具を売っているお店を教えてもらいました。以前からお遍路には興味があったし、まずは道具から入ることが信条の僕は、早速そのお店に行ってみました。まずはお店でお遍路の準備だ。ここで色々なことが知ることができてよかったよ。…
  • 歩いて触れる四国の魅力
    僕は学生の頃、クルマに乗って日本全国色々な場所を旅していたんですが、大学3年の頃に、1ヶ月くらいかけて四国をまわったことがあるんです。完全に行き当たりばったりの旅だったんですが、坂本龍馬に憧れて四国にやってきた大学3年生だった僕が驚いたのは、それまでに行ったことがある北海道や九州とはまるで違う場所だということでした。四国は愛媛の松山に上陸!久しぶりにゆっくり四国を楽しむよ。きっと龍馬…
  • 人生初の茶道体験にトライ!
    ​先週、「忙中一煎茶」という言葉をみなさんにご紹介しましたが、実はこれ、インドのチャイやイギリスのアフタヌーンティーなど、すべてのお茶に通じるものだと思うんです。これこそが長い歴史の中で世界中に浸透したお茶が育んできた文化であり、世界共通語なんじゃないかなと。そして、この「忙中一煎茶」を実践するべく、「お茶の郷」では人生初の茶道体験もしてきたんですよ。自分で石臼でお茶を挽いて抹茶を作…
  • 「忙中一煎茶」の心とは!?
    先週は、形を変えて世界中に広がっていったお茶の魅力をご紹介しましたが、日本にお茶が伝わってきたのは平安時代と言われていて、まだ流通量が少なかった当時は、高貴な人たちが薬代わりに飲むものだったそうです。日本のお茶の歴史も勉強したよ。平安時代から今まで3回のお茶ブームがあったんだって。  その後、何度かのブームを経て日本に浸透したお茶ですが、江戸時代には、宇治茶を徳川…