「トヨタの森」 ブログ

  • イベント報告:大雪~森の年末年始の準備を見に行こう~
    ​年の瀬も押し迫った12月20日、「大雪~森の年末年始の準備を見に行こう~」を実施しました。さあ、森ではどんな「年末年始」が見られるのでしょうか。 日本の年末年始を飾る門松に欠かせない木と言えば、もちろんマツ。トヨタの森にもあるアカマツは、クロマツと共に門松に使われます。この2種類のマツは葉の手触りがかなり違い、今回は他のマツと合わせて参加者の皆さんにも触り比べていただきま…
  • イベント報告:ちびっこワンダーランド!わくわくおちばとホクホク焼きイモ
    小雨降る12月13日、ちびっこワンダーランドを実施しました。今回のテーマは文字通り、落ち葉とサツマイモ!まずはサツマイモを新聞紙で包み、さらにアルミホイルで包んで石窯に入れました。石窯で燃えているのは森の木を伐って乾燥させた薪。おいしく焼けるといいな♪ 焼いている間に、森へ出発!落ち葉の上をガサガサ歩いていきます。今日は雨だし嫌だなぁ・・・と思ったけれど、雨の森は楽しいこと…
  • イベント報告:「ホッとな火暮らし講座 第1回」
    ​12月3日、「ホッとな火暮らし講座」がスタートしました。火を通して暮らしと森とのつながりを学ぶ、大人向けの全3回の講座です。第1回の今回は「火と出会う」をテーマに行いました。 まずは人類と火との出会いや関わりについて学び、古くから行われてきた火おこし方法に挑戦しました。今回は火打石、キリモミ式、ヒモギリ式とマイギリ式の4グループに分かれて行いました。  …
  • イベント報告  石窯で燻製にチャレンジ!
    12月6日の昼下がりに燻製に興味のある方が集まりました。スモーカーがあるから燻製をつくってみたいという人や家庭で簡単にできる方法が知りたいという人など色々な思いを持ってお越しくださいました。    燻製の食材や冷燻(れいくん)・温燻(おんくん)・熱燻(ねっくん)といった燻(くん)煙(えん)方法の違いで燻煙の時間が違うことなどを知ってもらいました。また、下ごしらえや燻材の違い…
  • イベント報告:夜のムササビに会いに行こう
    ​毎年恒例となったムササビ観察イベントを11月23日に実施しました。なんでわざわざ寒い季節に・・・?と思うかもしれませんが、森の木々が葉を落とし始めるこの季節が、ムササビ観察にはもってこい!なんです。ムササビって夜に空を飛ぶことは知っているけど・・・という方が多いためまずはムササビの生態やすんでいる環境などについて知っていただきました。飛ぶときにマント(膜)を広げると結構大きいんです…
  • イベント報告:立冬~冬の知らせを探しに行こう~
    ​11月15日、冬の始まりとなる「立冬」の時期ですが、冬はまだ遠く?!感じられるようなポカポカなお天気の1日となりましたそんな中でも、森の生きものたちは冬の支度を着々と始めていますその様子をみなさんでちょっと覗いてみました たわわに実った実は、遠い場所へ運んでもらうために鮮やかな色でアピールをします ドングリから根っこが出ていました!根を張る場所を探す、ドングリの生命力にみ…
  • イベント報告:ススキのフクロウづくり
    ​11月3日の文化の日、今年で3年目となるススキのフクロウづくりを実施しました。まずはくちばしと眼の材料を拾いにレッツゴー!くちばしにするのは松ぼっくりの鱗片(りんぺん)と呼ばれる出っ張り部分。リスがかじって落としたものをいただきました。 眼にはアベマキのどんぐりの殻斗(かくと)。殻斗はどんぐりの「帽子」とか「パンツ」と言われるものです。いよいよフクロウづくりに挑戦!10本…
  • イベント報告:寒露(かんろ)~ 澄みわたる空気と虫の声を感じよう
    ​10月18日、澄みわたる秋晴れの空の下、晩秋を迎えた森を歩きました。   森に入る前に「柿の葉茶」の材料を採りに行きました。柿の葉には殺菌作用があり、お茶にして飲んでも、ビタミンCが多く含まれお肌にも良いとされています。 ついでに熟した柿の実も食べる分だけ、もぎ取ってもらいました。 森の中ではガマズミの赤い実を見たり、モグラの穴を見たりし、自然が織りなす鮮やかな…
  • イベント報告:秋のどんぐり小物づくり
    朝夕冷え込む日が増え、森は着実に秋を迎えています。10月4日、いっぱい落ちたどんぐりの殻斗(かくと)で、小物づくりをしました。​殻斗(かくと)って何?・・・それは、どんぐりの丸い実を包んでいるお椀のようなもの。「帽子」とか「パンツ」と呼ばれたりします。 殻斗のデザインはシマシマ模様やウロコ模様など、種類によってさまざまです。 今回はいろんな殻斗の中から「アベマキ」…
  • 不思議なキノコ
    ​秋なのに、ジメジメ雨続き・・・。そんな森の中は・・・不思議なキノコがいっぱいサンゴのような形や、とげとげイソギンチャク、お花のようなキノコ・・・ まるで不思議な物語の世界に迷い込んだみたい 美味しそうなものも毒々しいものもありますが、意外と見た目と違うことが多いんですよ森のキノコは決して食べないように (文・写真 いぶ)
  • イベント報告:秋分~赤とんぼ舞う秋の森を歩こう~
    ​中秋の名月も過ぎ、暦の上では秋も中盤になった9月20日、秋の旬を探しに森を歩きました秋の生きもの代表ともいえる赤とんぼは、午前中はタイトル通り何匹も空を舞っていたのですが、イベント中は、下り坂のお天気(台風接近!)で見ることができませんでしたでも、ご心配なく  秋の旬を他にも発見しました   ニョキニョキと生えるキノコです!大きいものから小さいものまで森のあちら…
  • イベント報告:ちびっこワンダーランド 「とんでとんで!秋の森たんけん」
    ​どんより曇り空の9月13日に今年2回目のちびっこワンダーランドを実施しました。 今回のテーマは・・・“とぶ”生きもの!そこで、絵本の「ばったのぴょんこちゃん」と「とんぼのあかねちゃん」(作:高家博成・仲川道子氏)を読んで、森にぴょんこちゃん、あかねちゃん探しに出発! あ、いたいた。おっきいぴょんこちゃん!ドキドキしながら指を出して・・・握手!最後はぴょ~~んと、…
  • イベント報告:鳥の羽でペンづくり
    ​9月6日に、鳥の羽でペンをつくってみました。なんとペンの語源は、ラテン語で「羽」を意味するpennaからきているというから驚き 夏から秋にかけては鳥たちが衣替えをするために羽が抜ける季節。羽を拾ってペンをつくるにはもってこい!なんですよ。ペンをつくる前に、まずは羽をじっくり観察。 羽は1枚の板ではなく、たくさんの細い糸のようなものが小さなかぎ針でくっついていて、…
  • かわいいリス登場!
    ​9月5日の朝、エコの森ハウス近くの松林で、ニホンリスに出会いました。しっぽが長~い。 まだ青い松ぼっくりを枝から採り、周囲の硬い部分をかじりとって中にある実を食べます。 その残った部分がエビフライに似てるので、「森のエビフライ」と呼ばれています。 このリスが食べた「証拠」であるエビフライは毎年見ますが、それをつくっている「現場」をようやく押さえました~…
  • イベント報告:夏休み家族で楽しむ森の学校「森の池で魚釣り」
    ​夏休み最後の8月31日、快晴となったトヨタの森では、池で魚釣りをするイベントを開催しました。釣りをするにはまず竿の用意です。竿先のヒモに釣り糸を結んで、さあ出発!池に着いたら針にエサを付けて竿を入れると早速……とは行かず、そう簡単には釣れません。じーっと待っていると、釣れました!全員でフナとヌマムツを合わせて36匹釣り上げました。一番大きなヌマムツは、なんと15cmもありました。釣…
  • イベント報告:夏休み家族で楽しむ森の学校「竹トンボをつくろう」
    ​ 8月24日小刀を使って竹トンボづくりに挑戦しました。遊び道具作りに参加してくれた子供たちは小刀を使ったことのない子ばかりで、始めはみんな不安げ・・・。「かたくて手が痛い~!」と言いながらもあきらめずに竹を削ったり、お母さんと交代で削ったりと、みんな奮闘!始めは慣れなかった小刀もだんだん格好よく使えるようになりました。真剣に竹を削って立派な竹トンボが出来上がりました。 …
  • イベント報告:夏休み家族で楽しむ森の学校「樹液に集まる生きもの調査隊」
    ​夏の森に入ると甘ずっぱ~~い香りがどこからか漂ってきますそのにおいの原因は・・・樹液 その強いにおいに誘われて森の生きものたちが集っています。どんな生きものが集まっているのか、8月10日にみんなで調査しに行きました!    においを頼りに樹液の出ている木を探します。森の生きものの気持ちになってにおいをかいでみると「くっさーい!」「こっちはあまーい!」と、樹液によってにおいが違うこ…
  • イベント報告: 家族で楽しむ森の学校「トンボのフシギ!発見!」
    ​太陽が元気いっぱい照りつける、そんな絶好のトンボ日和となった8月3日。トンボの中に詰まっているフシギを見つけに、レッツゴー! トンボたちが草の先にとまっていたり、トンボ同士がけんかしていたりする様子を観察し、もっとじっくり観察するために網でゲット! 飛び回るトンボたちに手こずりながらも、いろんなトンボを捕まえることができました。 自分で捕まえたトンボを…
  • イベント報告:どろんこ家族は1等賞!
    夏休みが始まった最初の週末7月23日、トヨタの森でどろんこあそびのイベントを元気に開催しましたさぁ、楽しいどろんこあそびをご紹介ダイナミックな「どろんこジャンプ」!勇気を出して、大ジャーーーンプ!!!子どもよりも?!ハジける☆お父さん、大大ジャーーンプ!!転んで滑って「どろんこかけっこ」 走った後には「どろんこおふろ」につかりましょどろだんごをつくって「どろんこ的当て」。ねらって、ね…
  • イベント報告:夏休み家族で楽しむ森の学校「かまどでおやつづくり」
    暑い夏がやってきました!昔ながらのかまどでおやつづくりに家族で挑戦しました。 今回作るのは、「森の葉っぱdeだんご」お米の粉ときび糖だけをつかっただんごです。 使った葉はアベマキとサルトリイバラ。アベマキはどんぐりが実るトヨタの森を代表する木です。サルトリイバラは別名サンキライと言われ、葉が麩まんじゅうによく使われています。米粉にアツアツのお湯を注いで、生地をよくこねます。…