「トヨタの森」 ブログ

  • イベント報告:「ホッとな火暮らし講座 第3回」
    ​今年で2年目となる「ホッとな火暮らし講座」。3回の連続講座でしたが2月17日、あっという間に最終回を迎えました。 今回のテーマは「火と暮らす」です。火のある暮らしを育むのは、薪や炭の採れる「森」ということで実際に森に入って、木を切り倒して運ぶ「森づくり」の作業を体験していただきました。     「伐りたての幹はしっとりしていて感動!」「倒れたときの音が…
  • イベント報告:森歩きで二十四節気を楽しもう ~立春~ 春の始まりを探そう
    二十四節気の一つ「立春」は、暦の上での春の始まり。春とは名ばかりの・・・という言葉がぴったりの寒い日が続いていますが、2月6日の森歩きでは春の始まりを探しに行きました。さてさて、春は見つかるでしょうか? 木の枝先にある冬芽がほわっと膨らんでいたり、もう緑になりつつあったり・・・。  小さな土の粒がモコモコと山のように盛り上がっているのはミミズの糞。ミミズ…
  • イベント報告:石窯で燻製をつくろう
    ​昨年に続き「燻製をつくろう」のイベントを1月30日に実施しました。 森にある石窯を使って、森から切り出したサクラの薪で燻製作りに挑戦です。燻製というと、下ごしらえなどに手間がかかり、面倒だと思われがちですが、塩コショウだけの味付けでもじゅうぶん美味しくできてしまうのです。温めた石窯にサクラの薪を入れ、火が付いたところで、材料を石窯の中の棚に置き、蓋をします。この時に蓋を1…
  • イベント報告:「ホッとな火暮らし講座 2回」
    ​1月20日に「ホッとな火暮らし講座」の2回目を開催しました。薪ストーブやかまど、囲炉裏を使いながら薪と炭の違いや魅力を知って、暮らしへのとり入れ方を考えようという講座です。  まずはトヨタの森オリジナルの寸劇で炭と薪の違いを分かりやすく知ってもらった後に講師の庄司知生さ…
  • イベント報告:ワクワクおちばとホクホク焼きイモ
    ​​​​1月23日に開催したちびっこワンダーランドは「ワクワクおちばとホクホク焼きイモ」ということで冬の楽しみを凝縮したものでした。各地の天気は大荒れですが、トヨタの森では天候に恵まれ無事にイベントを開催することができました。​まずは参加者のみなさんで協力してイモをおいしく焼くための下準備をしてもらいました。そして石窯へ入れて落ち葉遊びにいきました。  落ち葉遊び…
  • イベント報告:「ホッとな火暮らし講座 第1回」
    ​今年も「ホッとな火暮らし講座」がスタートしました!火を通して暮らしと森とのつながりを学ぶ講座で、全3回のうち第1回を12月2日に行いました。 今回のテーマは「火と出会う」です。まず火との出会いに必要な焚き付け、焚き木の組み方、火の消し方を学びました。「焚き付けの種類によって音まで違うとは」と驚きの声も。 焚き火に使う火吹き竹と火ばさみも手作りしちゃいました。 いよいよ、火…
  • イベント報告:森あるきで二十四節気を楽しもう 小雪 凛とした空気と冬の始まりを感じよう
    ​11月28日、二十四節気の暦では「小雪(しょうせつ)初雪が降って本格的な冬の到来を予感させる頃」となりますが、この日はぽかぽか陽気。これを「小春日和(こはるびより)」といいます。旧暦10月のことを「小春」といって、新暦で11月~12月上旬の頃それまでの寒さがうってかわって暖かな日差しに包まれた陽気のことを指すそうです。森に入ると、穏やかな風に乗ってドングリの葉っぱが一斉に舞い落ちま…
  • イベント報告:夜のムササビに会いに行こう!
    11月23日に今年で3年目となる恒例行事「夜のムササビに会いに行こう」を実施しました。なぜこの寒空の中で行うかというと…まず、ムササビは夜行性の動物で日没30分後程度に活動を開始します。そのため日没時間の早い今が我々人間には観察しやすいのです。次に秋も深まり葉も落ち始めた今が木の間を飛び回るムササビを観察しやすいためです。と言う訳でこの時期がもってこいということです。 観察…
  • イベント報告:トヨタの森20周年企画 バリアフリー講座
    ​今年の秋でトヨタの森は創立20周年を迎えました。今後は年齢層や障害の有無に関係なく、多様な方にご利用いただける環境を提供することを目指していきます。そこで11月12日、トヨタ自動車が通年で開催しているバリアフリー講座との合同企画として、視覚障がい者の方とトヨタ自動車従業員ボランティアを対象にイベントを開催しました。今回はNPO法人視覚障がい者センターつえの里様にご協力を頂き、障がい…
  • イベント報告:ススキのフクロウづくり
    ​ポカポカ陽気となった11月3日の文化の日、今年で4年目となるススキのフクロウづくりを実施しました。くちばしに使う松ぼっくりの鱗片(りんぺん)と眼に使うアベマキのドングリの殻斗(かくと)を拾って、早速フクロウづくりに挑戦!   ススキの穂をフワッとまとめて紐でしばるところが意外と難しいのですが、「自然の素材は形や大きさがまちまちだから、思うようにならないところがお…
  • イベント報告:森歩きで二十四節気を楽しもう ~霜降 深まる秋の森で生きものを探そう~
    10月24日に、二十四節気の「霜降」を感じる森歩きを実施しました。霜降といっても、当日の最低気温はまだ霜には早い10℃ほど。二十四節気は2000年以上前に中国で作られたものがそのまま使われ続けているため、その土地によって実際の気候とは一致しない部分があります。トヨタの森では、秋が深まり冬の気配が感じられる時期、といったところでしょうか。  数日前に台風が通過した森では、アベ…
  • イベント報告:森歩きで二十四節気を楽しもう ~秋分~秋のくもを楽しもう
    ​​二十四節気の重要な節目でもある「秋分」は昼と夜の長さがほぼ同じになる日です。​秋分の日が過ぎた9月26日に「秋のくもを楽しもう!」のテーマで開催しました。​ ​始めに参加者の皆さんに秋を感じる時はどんな時ですか?とお聞きしたところ紅葉、柿や栗といった果物、朝夕の空気の澄んでいる感じ、空が高く感じるなどなど、それぞれ秋の感じ方の違いがありました。 この日は天気が…
  • イベント報告:ふしぎはっけん!秋の森の探検隊
    ​9月18日に実施した、「ふしぎはっけん!秋の森の探検隊」。小学校の授業で森を訪れてくれた子どもたちに、今度はご家族と一緒に森を楽しんでもらいたいと企画したイベントの秋バージョンです。台風一過の森にはたくさんの落し物。みんなで拾って、「森のお弁当」を作りました。木の実や枝、葉っぱなどで山盛り~! 秋ならではの生き物の一つ、バッタを捕まえてジャンプ大会!顔も形も個性豊かなバッタたちをジ…
  • イベント報告:夏休み家族で楽しむ森の学校「森の池で魚釣り」
    ​夏休みがもうすぐおしまいの8月30日、「森の池で魚釣り」を開催しました。池の魚を釣って、調理して味わうイベントです。まずは竹竿の先に、釣りの仕掛けを結びます。細い釣り糸は結びにくく、慣れていないと苦労します。竿ができたらエコの森ハウスを出発し、歩いて池に向かいます。 池についたら竿を出し、さあ釣れるかな? 釣れました!仕掛けを入れてすぐに釣れる人もいれば、アタリ…
  • イベント報告:森のキラキラ☆万華鏡づくり
    ​お盆明けの暑い8月22日、暑さも吹き飛ばす、万華鏡から覗いたキラキラきれいな世界を楽しみました万華鏡にはいくつか種類がありますが、今日は“テレイドスコープ”という種類(万華鏡の先端に取り付けた透明な玉を通して物を見る)の作成にチャレンジしました。   参加された皆さん、夢中になって万華鏡づくり!万華鏡の筒の飾り付けではスタッフが考えつかないアイディア満載のデザインが完成&…
  • イベント報告:夏休み家族で楽しむ森の学校 「竹の水てっぽうを作って遊ぼう!」
     台風が通過した翌々日の好天に恵まれた暑~い8月9日に、竹で作った水てっぽうでおもっきり遊んじゃおう~というイベントを開催しました。 まずは竹の特性を知ってもらい、竹で作る昔のおもちゃを紹介しました。今は与えられたもので遊んでいますが、昔はおもちゃを自分なりに工夫して作って遊んでいました。まずは水てっぽうの作り方やポイントのレクチャーから始めました。竹の上下を決め…
  • イベント報告:夏休み家族で楽しむ森の学校「カエルの達人になろう!」
    ​夏休み突入!みなさん、いかがお過ごしですか?トヨタの森では、カエルを探してつかまえて、仲良くなっちゃうイベントを実施しました。まずはカエルの達人クイズに挑戦!オタマジャクシの足はどこからはえてくるのかな? カエルは脱皮するってほんと?!    カエルってどんな生きものか少ーしわかったところで、いよいよフィールドへ!みんなで協力してカエルをつかまえます。「あ!そっちにいった…
  • イベント報告:森歩きで二十四節気を楽しもう ~大暑~
    ​二十四節気の一つ「大暑」は1年で最も暑いとき。イベントを実施した7月25日も、蒸し暑~い日となりました。でも、こんな暑いときだからこそ、水辺に行きませんか?トンボたちがお待ちしていますよ。 まだ赤くなる前の黄色いアカトンボや、花盛りのリョウブなどを楽しみながら水辺へ向かいます。   この時期トヨタの森の湿地では、たくさんのハッチョウトンボが見られます。1円玉にすっぽりと隠…
  • イベント報告:夏休みだ!虫とりチャレンジ!
    ​7月22日、夏休みが始まって最初の土曜日に「夏休みだ!虫とりチャレンジ!」を開催しました。当日の天気は晴れ、最高気温は35℃にもなる暑い日でしたが、41名の皆さんが虫を捕ったり、虫とたわむれたりの一日でした。まずは森の中へ、樹液に集まるのはどんな虫か、樹液とはどんなものかを見に行きます。前日に仕掛けておいたバナナトラップには、クワガタやカブトムシ、たくさんのカナブンも入っていました…
  • イベント報告:ちびっこワンダーランド!「親子でわんぱくどろんこあそび!」
    ​7月11日、この日だけのために作った泥の田んぼで8組の親子と泥んこ遊びをしました 「今日が泥んこ初挑戦!」という子が多く、始めはドキドキ恐る恐る… 汚れるのが嫌な子、泥の中に入ってみたものの泣いちゃった子、なかなか足を踏み出せない子もいましたが、「今日は泥んこになっていいんだよ」と言うお母さんの一言に、子供たちのやる気スイッチON穴をスコップで掘ってお水を入れて…