chakoの山村通信

愛知県の最高峰 茶臼山のふもとに暮らすchakoの日記

chakoの山村通信 前の記事次の記事

11 17
シュトヨネン。

 早朝6時半、電話が鳴りました。

おやおや、こんな時間の電話はただ事でない場合が多いので

あわてて電話にとび付きます。

「 あっ、オレオレ 玄関に柚子を置いてきたから。

  早かったから黙って来ちゃった、見といて。」

夫の又従弟です。

IMG_9440.JPG

大きな段ボール箱が玄関にいました。


実はクリスマスシーズンを迎え、シュトレンならぬ

 シュトヨネン製作計画進行中の清水館です。

若女将が我が家に持ち込んだシュトレン、それは様々なナッツやドライフルーツを

ふんだんに使ったドイツのお菓子です。

あまりの美味しさに我が家は狂喜し、クリスマスでもないのに

「ねえねえ、シュトレン作ってえ~~~」を繰り返す日々です。

そこで思いついたのが、豊根産の材料でそれを作れば、立派なシュトヨネンになるではないか!です。

親戚の山下家には、立派な柚子の木があります。

「柚子ちょーだいな。」

私が電話を入れたその瞬間、彼はまさに豊根村みどり湖ハーフマラソン開会式で

式辞を述べる瞬間でした。

泡食ったらしいです。

折り返された電話に 「お宅まで採りに伺うので柚子ちょーだいな。」

と伝えしましたが玄関に届いていました。

ありがとうございます。

IMG_9442.JPG

どーです、この柚子!


さっそく実と種をくりぬき、茹でます。

IMG_9443.JPG

一晩水にさらし、砂糖で煮ます。

IMG_9448.JPG

柚子の皮は、柑橘類の中でもとても柔らかいので最後の煮詰める時にやさしくやさしくします。

IMG_9449.JPG

立派なシュトヨネンの材料ができました。



たくさんできたので四分の一ほどを柚子ピールにしてみました。

薪ストーブの横で乾燥中です。

IMG_9568 (1).jpg


​我が家の畑や山では、クルミ 小豆 うずら豆ができました。

これからクリスマスに向けて徐々に材料をそろえシュトヨネンの完成を目指します。


コメント

この投稿に対するコメントはありません。