chakoの山村通信

愛知県の最高峰 茶臼山のふもとに暮らすchakoの日記

chakoの山村通信 前の記事次の記事

4 29
芝桜。

 我が家の芝桜も満開に近づきました。

IMG_0154 (1).jpg

IMG_0155 (1).jpg
​県道に面した南向きはこのように咲いていますが、裏庭の北向きは3分咲きと言ったところです。

まだまだ長く楽しめそうです。


茶臼山の  ”天空の花回廊”  も開花が始まり今年も多くのお客様に

楽しんでいただけるでしょう。


​最盛期を迎えたシイタケも乾燥機で仕上がってきます。

秋に頂いた唐辛子を長く鑑賞用に飾っていましたが、ついでに乾燥機に入れカリカリにしました。

そしてミキサーで砕いて一味唐辛子に加工しました。

私がフラッシュスイッチを使って唐辛子を砕いていると、いらんことに夫が寄って来て

ちょっとミキサーを振ってみたらと言います。さらにいらんことに蓋を取りミキサーを振るのです。

IMG_0160.jpg

舞い上がった唐辛子の粉は鼻呼吸をする私の鼻腔に侵入しその結果私はえらい目にあいました。 いつもこう。




​五歳の孫娘は週末になると母親を連れて手伝いに来てくれます。

お客様を出迎えたり、玄関にスリッパを並べたり、様々な分野で五歳児の限界に挑んでいます。

ふと孫の顔を見ると先ほどとは違う異変が起きていました。頬、耳たぶ、太ももなど目につくところに

赤い発疹ができ、みるみる広がり蕁麻疹になっていました。

おやつにエビをふんだんに使ったエビ煎餅がありました。この子は普段からエビやカニなどを好きじゃない、要らないと言って食べませんでした。こちらも、そうなのね~としか受け止めていませんでした。

かえってお高いものが苦手なんてありがたい子、くらいにしか思っていませんでした。

実は甲殻類アレルギーだったのです。全身蕁麻疹で慌てましたが、呼吸は安定しすぐに蕁麻疹も消えたので安心しました。

親も本人も今日まで気づかずに過ごしましたが、本能で自分の食べてはいけないものを知っていたのだなと思いました。

私は自然薯が大好きですが、食べると耳の穴が痒くなります。また、マンゴーを食べたときに舌や喉がピリピリしました。誰にでも少しは何かあるものです。



お嫁さんから報告がありました。彼女の知人のマリコさんは孫に自分を 

 マリリン​​​ と呼ばせているというのです。

私は孫にはばあちゃんと名乗り、孫にもばあちゃんと呼ばせています。そういえば同級生や知人は

大ママ、ママちゃん、先輩、グランマ、名前そのまま、お母さん、などと名乗っています。男子はみなじいちゃんですが。

そこで我が家がマリリン方式を取り入れた場合について話し合いました。

       私      →    ミシェル

       お嫁さん   →   エリザベス

       娘1号    →   アンジェリーナ

       孫娘     →   フランシス

       娘2号    →   ミラ

となります。しかし1時間ももちませんでした。

  


コメント

この投稿に対するコメントはありません。