chakoの山村通信

愛知県の最高峰 茶臼山のふもとに暮らすchakoの日記

chakoの山村通信 前の記事次の記事

5 21
捕物控。

​18年間で3度目、6年周期の彗星か?


朝6時、ボイラー室に入るとキッという鳴き声(?)のような音と共に

​ガサガサ這いずり回る音,無人のはずのボイラー室に何かがいる。

ひゃあああと震えあがり振り向くと、真っ黒の毛むくじゃらの生き物が天井に

はりめぐらされた配管を走り回っている。

配管には凍結防止用のアルミで覆ったカバーが施されており鋭い爪がアルミやネットをひっかく音がしている。

気が付くと床も壁も黒い汚れ( 油煙.煤 )だらけだ。

 またアレだ!!

ムササビかモモンガがボイラーの煙突を伝って入り込んしまい、挙句逃げ場を失いボイラー室で大暴れするのだ。

先回はボイラー室と浴室脱衣場のドアが開いている時間だったため、旅館の廊下を走り回りそこらじゅうを煤だらけにしてくれた。

ドキドキ、ハアハア、パニック気味の私は仕入れに出かけてしまっている夫にラインした。

何かが真っ黒けでボイラー室で暴れている!

​夫の返事

外へ通じるドアを開けてください。

 ……………

​そうじゃん、そんな簡単な事じゃん、なるほど、でも自分でやるのはいやなので

息子に言いつけた。

そして酷い状態のボイラー室の掃除もしといてと言っておいた。


東海地方のカーテン有名ブランドサンレジャンで思い切ってデッキのカーテンを新設し高い満足を感じていた。

するとモモンガがカーテンのドレープに入り込み住みついてしまった。モモンガも高い満足を得たようで追い払っても追い払っても戻ってくる。​

あの追い払ったモモンガが入り込んだのだろうか?

でもなあ、かなり大きかったしやはりムササビか?


結局大穴が幾つも開いてしまったカーテンはいったん撤去し補修しなくてはならない。

その後についてまだ考えがまとまっていない。

どおしよう、困ったなあ。

息子が撮った動画です。

 




コメント

この投稿に対するコメントはありません。