chakoの山村通信

愛知県の最高峰 茶臼山のふもとに暮らすchakoの日記

chakoの山村通信 前の記事

5 18
塩梅。

去年から定期的に滞在する、高圧送電鉄塔塗装チームのお客様。

11月には朝食が5時でしたが、12月には5時15分、

1月には5時半、だんだん時間がずれ、ついに今週の滞在では

6時になりました。​

現場が我が家に近づいてきたようです。


彼らは油断していました。仕事着は長袖ですが宿で過ごす私服は

会社のある名古屋気候に合わせ、半袖です。

ところが、今朝も11度、皆さん暖房全開で震え上がっています。

「 何でこんな寒いだ!? 」 ほんと、なんででしょうねえ。


高圧送電鉄塔は高さが80m、刷毛でペタペタ塗ります。高所は風が強いので仕事から戻ってみえると風に飛ばされた塗料で、全身ヒョウ柄です。

塗料は強力でお風呂上りでも顔はヒョウ柄のまんま。


一旦、上ってしまうとほぼ降りることはなく、お弁当お茶おやつみたいなもの

全部背負いあげます。

水筒も蓋をぎゅううと締めてあるので10数本を厨房で洗ってお茶を詰める作業は手が痛くて、しかも頑張って力んだ挙句開かん!ということもしばしば。


塩梅という言葉がありますが、誰基準を塩梅と呼べばいいのでしょうか。

私の基準ですと水筒の締め加減は対応できない硬さ、いい塩梅ではありません。

でも、お客様はお茶を飲もうと蓋に手をかけるとゆるゆるじゃん、

と思われるんだろうな。



まあそういったこともありまして、とにかく気温が低い。

花も10日~2週間の遅れを感じます。​

茶臼山高原、芝桜祭りがスタートしました。

昨日のヘリコプターからの画像です。

18447354_1468197143254939_8657110035862401223_n.jpg

開花が遅れていますがそろそろ見ごろに近づいています。


コメント

この投稿に対するコメントはありません。