chakoの山村通信

愛知県の最高峰 茶臼山のふもとに暮らすchakoの日記

chakoの山村通信

  • もちこたえた!
    ​​昨日、17日日曜日は永谷ファミリー新居、教育拠点お披露目パーリーが行われました。なまびやリゾートがオープンしました。我が家はBBQパーリーの料理仕出しを請け負いました。焼肉、焼きそば、トウモロコシ、五平餅、果物、アユの塩焼きなどをご用意しました。鮎の前には行列ができ、お客様にも協力していただいて炭がおきるよう団扇であおいでいただきました。鹿の足も2日間70℃で茹で、焼いたところ好…
  • 砂糖、きな粉、ごま塩。
    ​6月から豊根村へ拠点を移された永谷ファミリー。音楽、リズム遊びによる子供の発達を研究、実践してみえます。1年のほとんどを日本中、海外で過ごされています。週末、永谷ファミリーの引っ越し祝いお披露目パーリーがありました。私は歓迎の気持ちをお赤飯で表わすことにしました。いつもながら、自分で云うのもなんですがそれはそれは美味しいお赤飯が出来上がりました。各テーブルを回り、お赤飯を配ると。。…
  • BONES.
    目の前にあるものを形容するにあたって、やはり職業によって選ぶ言葉がかなり違う事に再び気づきました。先日訪れた名古屋の喫茶マウンテンでは どえりゃあでかい食品に大笑いしましたが。。。保健師の友人も 蒲郡市で出会った ど凄いパフェをFBにアップしていました。彼女は大学卒業後、豊根村に保健師として赴任し今は保健所の保健師として東三河に貢献しています。彼女は名古屋の看護大学生時代 先輩に連れ…
  • 武田先生と箸。
    ​あの武田邦彦教授が豊根に出現です。​​​豊根村在住の先生の教え子の骨折りの結果です。先生の主催する 「情報の会」 の研究発表会が我が家で開催されました。 研究発表会後 約50名の村民に対し武田先生無料講演会、その後40名でジンギスカンパーリーも開催されました。これには、息子の婚約者、娘1号なども是非とも武田先生のお話に触れたいとはるばるやって来ました。​​パーリー食事の支度の為 私…
  • マウンテン。
    ​文芸誌 カプリチオ 第2弾の原稿を編集者と読み合わせすることになった。今回は10年前の出来事について このだらしない頭脳が覚えていることを発掘し書いている。ランチ、駐車場、その他を鑑み 喫茶マウンテンで落ち合う。この喫茶マウンテンというのは なんつうかそのいわゆる GETEMONO 系の店として紹介されるとこが多いが 実際そんな感じなのだ。どの席でも、どの客もニヤニヤしながらメニュ…
  • バルタン星人に出会う。
    ​フォッ フォッ フォッ フォッあの笑い声を聞いた、聞きたくない場所で。。。7月1日 尾張のK市で 日本一のJAZZピアニストY下Y輔のライブがあった。彼の音楽、著書の大ファンでもある私は嘘も方便 とか 万障繰り合わせて とか 我が亡き後に洪水よ来たれなどの言葉を頭に置きつつ駆けつけた。 チケットのナンバーで自分の席を確認し 周りをも確認する。やったね、前の席は高齢女性で小柄な方たち…
  • フライドグリーントマト。
    ​今日は、住民健康診断へ行ってきた。受付を済ませ、まずは身体測定へ…身長は1.8cmも縮んでいる!?体重は2kg減っていた。これはいい。そして腹囲は2㎝増えている。​身長のあまりに変化に落ち込んでいたら 私以外の人も不本意な結果が出たと憤慨していた。体重が減ったことについては喜んでいるので勝手のいい事だ。地域おこし協力隊の女子たちは 農作業でトマトを作っている。美味しいトマトのための…
  • さっきの車?
    ​今夜予約のお客様  4時頃電話がありました。「脱輪しちゃったので少々遅くなります。」心配だなあ~  大丈夫かな~7時にチェックイン。その時はもうタイヤはペッちゃんこ!えらいこっちゃ!!この状態で21kmの道のりを走ってみえました。明日は大阪まで帰らなくてはならない、大慌てで修理工場へ電話します。​「 清水館ですが、、」と一言話しただけで、「 ああ、さっきの車ね~」??? なぜわかる…
  • 油断したね。
    ​文字通り  油断。恥ずかしい  油断。送迎用コースターのエアコンの調子が悪い!これはいかん、といういことでディーラーへ修理に出した。予約表とにらめっこ、送迎の無い日を選んでの事だ。数日後、修理が終り戻ってきた。車庫へ入れておきました!と明るく声を掛けていただいた。昨夜、送迎に出ようとしたところ、ガソリンがすっからん!!まさに 油断である。​​あああ確認を怠った。​
  • 新聞紙欲しい。
    ​ 古新聞を下さい。惜しい!あと数時間で古新聞になるけれど、今はまだ新聞です。揚げ物や冷凍品の解凍に我が家でも古新聞は活躍の場が多くお客様の満足する量が確保できません。あわてて両親宅へ駆け込み、そちらからも大量に運びました。何に使うのですか?と伺ったところ 環境調査会社の皆様で植物を採取し 標本をつくるのです。布団乾燥機で標本を仕上げ 持ち帰って分類調査を行うそうです。今までも生物的…
  • 残す物。
    ​ 妹の遺品整理をしています。まだ23歳の息子では手が付けられない物も多く私、母、義妹、姪が何度も通い取り組みました。55歳で亡くなったので、まだ持ち物を減らしていくという年齢でもありませんでした。残された多くの遺品に生きていた時間を思い出さずにいられません。衣類については彼女は145㎝と小柄だったので誰一人受け継ぐことができませんが、箪笥いっぱいの和服は我が家にみえる外国人のお客様…
  • 私の骨。
    ​「どうぞ~いいですよ~~」ドクターはあっさり許可して下さった。今日は先日撮った腰痛の原因を探るレントゲン写真を診ながら先生の説明を受けた。見事にずれた腰の骨、これをすべり症といいちょっとよじれた脊椎、これは側弯症という。写メしたいんですけど、という私の願いはかなった。今までも たとえば乳がん検診のマンモグラフィー写真など私自身の体なのにこの写真が欲しいとドクターに訴えても聞き入れら…
  • 靴屋の小人
    ​中学生か高校生の頃に読んだ小松左京の短編だったと思うけど靴屋の小人 というのがあった。かつて、極東に日本という労働の大好きな民族が住む国があったがとうの昔に滅びてしまった。何処か異国の建設現場で、工事が知らぬ間に進行しいつの間にかクオリティーの高い構造物が完成している、という事が続いた。不審に思った工事関係者が深夜の現場を見張っていると、どこからともなくヘルメットと作業着を身に付け…
  • 信じてなかったので…
    ​ 健康食品や健康器具 信じるか信じないかは自分次第我が家(夫側)は長寿家系です。そして健康食品と呼ばれるものを一切摂取しません。対する私側は 平均以下の寿命の家系です。 でもサプリ健康器具オタク。 ピップエレキバン という磁気治療品を知ってはいましたが手にしたことはありませんでした。買わずに、偶然手に入ったのでためしに貼ってみました。もう何年もロキソニンのお世話になっている腰、太も…
  • カプリ と ピスタ。
    ​二都文学の会 発行、言海書房 発売           カプリチオ​​    私のエッセイ             土漠と塀の向こうへ―サウジを旅して    が掲載されています。  問い合わせくださった方に 夫はこう言っていました。「 はい、本の名前は  ピスタチオ   です。」           もう 違うじゃん、ちゃんと正しく。。。確かに似てるけど。。。
  • どこを見た?
    ​庭の芝桜が満開になりました。刺し芽でコツコツ、SMクラブ(芝桜をもっと植えようクラブ、会員数不明)に励みました。荒地に入植し、風雪を乗り越えながらも 芝桜は私を裏切らずこのように地べたを覆い尽くすように咲いています。うっとりするような咲きっぷり!ここは去年の秋、ダンプで土を入れて苗を植えましたがきれいに咲きました。中日新聞にも掲載していただきました。ありがとうございました。記者の方…
  • 書くから読んでね。
    ​​3月4日からICUで治療を受けていた妹を見送りました。30年以上膠原病と闘い何度も死の淵を彷徨った妹です。今回もきっと帰ってくると信じていましたが叶わず力尽きました。私のブログの一番のファンで楽しみにしてくれた妹です。辛くて苦しくてやり切れませんが、みちえさん、早く読みたいよという妹の声が聞こえるような気がするのであの子が笑って読んでくれるようなブログを書きます。ふみえにもう一度…
  • きっと私も。
    ​サウジアラビア訪問記を文芸誌にエッセイとして掲載したいと依頼され、初めてまともに文筆に取り組みました。当然ですが、今までもかなりまじめに取り組んできましたが、編集者から指摘を受け書き換えたり表現法を考えたり、それは未経験の作業でした。自分の頭で組み立てて理解していても、読み手に理解されない場合がありそれらをどう表現するかなどを気づかされ、とてもいい経験でした。私のエッセイが採用され…
  • 愛は届かない。
    ​私の予言通り、夫は暗いうちに起きだし娘2号のタイヤを替えた。車の持ち主はたまの帰省で、みんなに合わせて起きだすわけでもなくベッドでゆっくりしている。「 お父さんがタイヤ替えてくれたよ~」 と声を掛けると「 車、洗った?」 いやあ。。。なかなか言えないセリフだな。。。今日は昼、夜ダブルで宴会があり更に泊まり客もいっぱいである。​そんな中でも私は往復6時間の旅に出た。家族の助けがあって…
  • 父の愛。
    ​夫にとって​私の車のタイヤチェンジはやっつけ仕事でありますが…娘2号はちっとも(よっぽどの事でもない限り)帰ってこないので帰省を促すためタイヤを替えてあげるから とか 〇〇の〇〇に会わせるからとかいろんな餌をぶら下げる。駐車場には、彼女がいつピットインしてもいいようにタイヤも四か所に置かれジャッキから様々なお道具類が並んでいる。父はエンジン音のたび外をのぞきうなだれる。結局夜11時…