chakoの山村通信

愛知県の最高峰 茶臼山のふもとに暮らすchakoの日記

chakoの山村通信

  • 山道の星。
    Alright  hold  on  tight   I'm  a  mountain  road  star.​​​永く待ちました。 C-HR今日納車です。​​タイヤは18インチだし すべてが備わっているハリケーンを呼ぶかも  でもきっと音速はぶち破れないどんなカーブも付いてくる私は山道の星。家族と言えども誰にも…
  • エルボードロップみたいな。
    ​​娘夫婦の引っ越しのため、孫のお守りに出向きました。夫も朝駆けつけましたが、夕方から会議のためランチ後すぐに戻ってしまいました。私は孫娘と遊びます。今日はこれが仕事です。 ​リカちゃん、ドーナツ屋さん、レゴブロック、ぬいぐるみなどと遊びます。遊びながらEテレ幼児番組も見ます。信じられないような出演者が番組に出ています。何年も幼児番組とご無沙汰だったのでこんなことになってい…
  • もう怖くない。
    ​​還暦となり、同級生が白内障を患い手術までしていることを知る事が続いた。ええ~そうだったの!? あの子もこの子も経験者。そんな話を聞くたびに、手術の様子を勝手に想像し怯えていた。眼ですよ、目、眼球、鬼太郎のお父さん。閉じていたら処置できないので、当然開いたままで行われる。今のところ白内障の症状はないけれど、いつかそんな日が来るかもしれない。メスとかレーザーとかが、自分に向ってくるの…
  • 今となっては…。
    ​夫は仕入れ、息子夫婦と私は準備や掃除に忙しい。本宅の母からあわてた様子の電話がかかり、息子が私を呼んだ。「おじいさんが車を運転すると言っている。」急いで駆け付けた。父は93歳、心臓と腎臓に疾患があり、更には糖尿病も有り、ここ数カ月は入退院を繰り返している。夫は父の車を車庫に封印し、入院中に免許証も失効している。山や畑、田んぼへ行かなくてはならない!!!電動式シニアカーを用意し、これ…
  • 忘れて欲しいのに。
    ​やっぱり忘れてなかったのね。去年の老人会総会を兼ねた宴会の帰り際、来年は60歳だから老人会に入ってもらうから!と言い残した会長さん。今年の総会の予約に現れ、最後に 「 で、4月1日から。 」と宣告された。どうしても入らなくてはいけませんか?とお聞きしても「村で決めた事だから。」孫からおばあちゃんと呼ばれるのは嬉しいけど人から老人と呼ばれるのはなんかいや。 名古屋市の同級生などはそも…
  • 極東の屑鉄。
    ​毎日、たとえ30分でも薪を割れば結構進みます。薪ストーブが使えなかった数日間の寒さを思い出すとパワーがムラムラ沸いてくるのです。うちには和斧しかなかったので、なんか洋物と遊んでみたいな~みたいな気持も沸き起こってしまい手を出してしまいました。​アマゾンさんから注文の翌日届きました。クロネコさんありがとうございます。​私よりかなりお兄ちゃん(きっと男性名詞)の和斧です。​お値段とデザ…
  • 使い方を深く反省する。
    ​先月初めころから薪ストーブから煙が逆流するようになった。これはやばいなあ…煙突を見上げると煤がかなり付着しているように見える。煙突のヘッドを外し、煤をきれいに取った。よ~~しこれでぐんぐん煙を吸い上げてくれる!と小躍りしながら着火♡ところが逆流は続いた…しくしく。業者に電話し煙突掃除を依頼、すっかすかに開通したようで絶好調の炎に渦を巻き昇るけむり。業者にかなり問題の多い炊き方をして…
  • 三割増し。
    ​去年の3月3日、妹は救急車で入院し4月に亡くなった。いまだに彼女を思い出すと涙があふれる日が続いている。昨日は、大雪の中実家へと向かい、母と一緒に妹の家で家事をした。滅多に行けないが​、妹には残した家族がいるからだ。四駆、スタッドレスでガンガン攻めた。遺影を見てもまだそこにいるような気がしてならない。​子供の頃から私たちは映画が大好きだった。山奥で暮らす私は妹がお墨付きを与えた映画…
  • 視察。
    ​​ 観光協会事業でチョウザメをテーマにした視察に行ってきました。行先は奥飛騨、バスで片道4時間、中央道を行く旅です。道中ほとんど雪も無く、またこれらの行程は子供たちが小学生の頃家族で毎年スキー旅行をしていた頃を思い出しなんだかちょっとセンチメンタルジャーニー。​焼岳近く、奥飛騨観光ホテルに到着です。玄関先にはお湯が吹き出しもうもうと湯けむり、ああ~もったいないやかんをちょうだい!!…
  • 還暦。
    ​​​つい先ほど、、、五月の予約を取るためにお客様が立ち寄って下さった。今日は気温も高く雪の心配が無いのではるばる豊橋市から温泉&ドライブにみえたのだ。いっやあああ~久し振り、14年ぶりに清水館へ来たよ、とニコニコしながらいらっしゃった。曾孫も生まれ、新しい家族で再び清水館に集合したいと仰った。14年前は大広間に一族全員で寝たよね~ とも仰る。えっ?大広間に全員で寝た!?ありゃま、私…
  • 普通の餃子。
    ​​ジビエのハードルはすっごく高い。私はこれを越えられないと思っていた。こりゃあ美味い!! おかわりちょうだい級のジビエを食べたことが無い事が原因です。調理に挑み、鹿の血液の匂いに参ってしまったことも…ある方に相談しました。どうしてもおいしくできない…お答えを頂きました。美味しけりゃ、だれしも天の恵みとして喜んで食べている。それを念頭に置けば道は開けるのではないか。そっかあ~ そりゃ…
  • 猫じゃなくて。
    ​歌にもなっているくらいだから、ネコを踏んだことのある人は結構いるかもしれない。私は猫を踏んだことは無いが、今朝 鰯 を踏んだ。朝食用に焼いた鰯の干物だ。鰯の構造は 表皮、脂、身、骨、身、脂、表皮 となっている。居間の床に皿から滑り落ちた鰯がある事に気づかず​進んだ。床ではない感触、続いて足底で何かが崩壊する感触…四層構造が、順にはがれ別れを惜しむ感触…完全に崩壊する直前で うわあ~…
  • オーノー!
    ​​​2005年 愛地球博以来、豊根村 サウジアラビア王国交流事業は続いています。今年も1月連休に10名のアラブ人がスキープログラムにやって来ました。10名中4名は、二組のご夫婦です。​女性と男性が親族以外で同室に滞在するという事を許さない地域、家族もあるというなか、随分彼らの意識も変化しています。こちらの方が いいの!?と心配になるほどです。それはともかく、いつもの事ながら明るく楽…
  • うちの若女将。
    ​やってくれる!期待を裏切らない女だった!!私と同じく 都会育ち なのに。昨夜は、この冬一番の寒気が日本を包み 雪は舞い、道路は凍り運転には最悪のコンディションだった。そんな厳しい条件でも 宴会とお泊まりで 我が家はてんてこ舞い。私までもが送迎バスのハンドルを握る忙しさだ。宴会組を乗せてたどり着くと、お泊り組は 時間を繰り上げ 既に始まっている。こりゃあありがたい事、若女将も走り回っ…
  • 出番は!?
    ​あけましておめでとうございます。もう寒中見舞いですね。雪も無く、なんか拍子抜けな年末年始…去年購入し、出番を待つ除雪機 ”ゆっきい”…使い方もすっかり忘れてしまいました。エンジン始動にもさまざまな段階を踏まねばならず、DVDで予習しましたが今ではどこから手を付けていいのかすら覚えていません。これでいきなり大雪でも降ろうものなら、家から遠く離れた車庫から”ゆっきい”を連れてくるのもま…
  • チョロい私。
    ​​あまりにもかけ離れた感情が渦巻く自分と話をつけ、ちゃんと統合させないと見失いっぱなしになってしまいそうで。一番に情熱、研究心を注いでいた分野における活動も自分の年齢や体力において自信が無くなり、幕の引き時かと考え始めていました。そこへ先ほど、今までの私の経験をもとに、あるサイトで執筆者として参加してほしいという依頼がありました。原稿料まで払うと言ってくれるのです。​その一言に、 …
  • まさかのジョン。
    ​​​先週末、息子の結婚式を無事に済ますことができました。大勢のお友達、お客様や村内の皆様、身内に祝っていただき盛大な披露宴でした。美味しいお料理、素晴らしいスピーチ、ダンス、ビデオ、誰もが着飾り最高に楽しく素敵な時間でした。準備に係わって下さった皆様、列席して下さった皆様、お祝いして下さった皆様に心からお礼申し上げます。ありがとうございました。​花婿の母としての仕事は、鏡割りの際 …
  • 新作。
    ​昨日、私の一番大好きな先輩夫妻の訪問を受けました。そして4月に亡くなった妹へ花を供えてくださいました。また泣いてしまいましたが妹も喜んでいると思います。甥っ子に写真を送ったらスマホの画面を仏壇に供えたと言いました。ありがとうございました。生きている時は毎日妹の事を考えることはありませんでしたが亡くなって以来、毎日思いだし 考え 懐かしく思います。私の心の中では病気も無く、幼かったり…
  • 吹けよ風、乾け薪。
    ​そうは言っても、今後雨が降らず乾燥する保証も無いので軽トラで出動し山から運んできました。相変わらず誰も手伝ってくれないので(みんなそれぞれ仕事がある)1人で重労働。以前は斧を振り回し割っていたけど、もう無理。斧でスパ~ンと決まると それはそれは気持ちよくて堪らないのだけれど空振りとかファウルが出現し、それは大怪我につながるので引退を決めた。そこで、登場するのが 《 矢 》 いわゆる…
  • また濡れた。
    ​もうがっかり。東京でも積雪が予想されるという天気予報に天気図を見ると私の住む辺りも、ギリギリ雪雲がかかっていた。冷たそうな黒い雲がちらちらしている。今年は薪の準備が遅れてしまったので少しの暇を見つけては山に入る。もうちょっと降るのを待っててね、とか都合のいい事を言いながら。重くてしくじるといけないので、山でカットして運ぶ作戦にした。よ~く乾いて いいぞ! って状態の丸太を運ぼうと段…