chakoの山村通信

愛知県の最高峰 茶臼山のふもとに暮らすchakoの日記

chakoの山村通信

  • 未使用。
    ​​先週、息子の車を受け取りに岡崎まで行ってきました。若女将は臨月を迎えていますので私が息子を乗せて行ってきました。三遠南信道路に入った頃、  息子  「 クルーズコントロール使ってる?」  私    「ギクッ…… 」  息子  「 使ってないのか? こういう時こそ使うもの。 」  私    「ビクビク…」助手席からハンドルの下に手を伸ばし、私がただの一度も触れたことのないカバーすら…
  • 風邪をひかない人。
    ​ここ何年も風邪やインフルエンザとは無縁です。背中がぞくっとしたり、鼻水くしゃみがでると暖かくし、風邪を寄せ付けないように努めます。ヒートテック二枚重ねとか、腰に貼るカイロ、タイツ靴下で調整します。早い話が​​たくさん着て暖かくする、​​のです。​昨日からの寒さはどうしたことでしょうか。東京でも大雪、もちろん豊根でも!お天気アプリによりますとこれからの数日は日中でも気温は氷点下が続く…
  • 新薬登場。
    ​ コレステロール値が高めの私は一年ほど前から薬を飲んでいます。 薪ストーブも煙突に煤がたまり、煙の吸い上げが悪くなるのでこの時期に一度メンテナンスを行います。 煙突にとって煤はコレステロールのようなものなので、これは屋根に上りブラシでガシガシこそげ落とします。 煙が通るだけなのに、どうしてこんなに煤がつくの?と恨み言を言いたくなるほどたくさん煤が落ちてきます。 私の血管にも、こんな…
  • 月食。
    ​ 皆既月食を、茶臼山高原ふもとの宿「清水館」で一緒に観察しよませんか。皆既月食はもちろん、月が欠けていくと同時に現れるキラキラとした冬の星空。愛知のてっぺん豊根村では、6等星まで望めることができ冬に天の川が見えるほど空気が澄んでいます。月と星の幻想的な天体ショーを、      熱燗を飲みながら…        写真撮影をしながら…ごゆっくりと、お楽しみいただけますよ。  …
  • ドナドナ。
    ​ここを通るとこれに出会うこと2度目。​これに出会ってなんじゃいな!?と思わない人はいないはず。​なんせ、2度目であるので余計に気になります。​​ここは伊勢湾岸道路です。間も無く豊田南インターですが先回もここで一緒に降りました。私はこの生駒の信号を直進しますが、これは左折して行ってしまいます。どこから来てどこへ行くのでしょうか。次回出会ったら後を追っかけてみよう!こんだけぺっしゃんこ…
  • 旅MAX!
    ​テレビ番組放送のお知らせです。明日 1月7日 13:24~13:54山里の魅力創造社  旅MAXCBCテレビで放送されます。豊根村が取り組むチョウザメを紹介いたします。どうぞご覧ください。東MAXさんが登場します。
  • 2018年賀状を振り返る。
    ​年に一度の安否確認、年賀状でしかやり取りをしていない知人たちとは、このままどちらかが死ぬまでこの状態を続けるのだろうか。​宛名も文面もすべて印刷のみで、近況などの書かれている物も随分少なくなってしまった。ほんの一言、元気ですか?とか 三人目の孫が生まれましたくらいのことが書かれている。実は私もよっぽど親しい友人にしか近況など書かない。その代わり宛名は必ず手書きと決めている。前立腺が…
  • おそまつとは。
    「 ごちそうさまでした。」 と、食事が終わり食堂を後にされるお客様に向かい「 おそまつさまでございました。」 とお返事をすると、小学生の兄弟から「 ねえ、おそまつって何?ねえねえおそまつって何なの?」 と激しい追及にあいました。聞かれたママも答えられず困っていたところを見ると多分30代にも通じない? そっかあ~、食後におそまつでしたって言葉はもう死語なんだ。贈り物の際、つまらないもの…
  • 白いごはんには。
    ​​ うっかり忘れていたキムチ作り、FBに最近現れた「 過去のこの日 」機能で12月中旬には必ずキムチしていたことを思い出し慌てて支度にとりかかりました。材料を揃えることろからスタートです。恐ろしく山奥に住んでいるので買い物は計画的にしなくてはなりません。ちょっと近所のスーパーへ飛んで行って買って来るという訳にはいきませんから。夫が豊橋の市場へ仕入れに行くのできっちりメモを渡します。…
  • 走る個室。
    ​今朝お隣の設楽町へお使いに出かけたらスーパーカーに出会いました。時速5キロくらいかな。追い抜いたとき、わが目を疑い、待ち伏せし、写真撮っちゃいました。                                      夏休みの工作?と言ったら大変失礼ではあるけれど頑張ってみえるなあと感動しました。きっと運転免許証を返納しシニアカーにたどり着いたのだろうけど。
  • 手で食べる。
    ​手で食べる、口で言うほど楽じゃない。 去年のスキープログラムで豊根にやってきたアズ君、現在は同志社大学で生命医学を学ぶ学生です。彼からラインがあり、サウジから両親が遊びに来ているので、豊根村へ連れて行きたいと言うのです。何と嬉しい便りでしょう。是非どうぞ、来てちょうだい、話は直ぐにまとまりました。しかしアズ君からちょっとお願いがあるとひそひそ話が…何事かと思ったら食事に関…
  • 完成。
    ​ シュトヨネン、完成しました。 若女将が作りました。  材料は栗の甘露煮    (東栄町の常連様の庭の栗)      柚子ピール     (親戚の庭の柚子)    ささぎ豆の甘納豆 (うちの畑)小豆の甘納豆   (うちの畑)    干し柿        (うちの庭)   これらの加工は私が担当しました。​栗の皮むき、柿を吊るす、柚子を煮る、豆を煮る誠に手間にかかる今でも誰もしないよ…
  • シュトヨネン。
    ​​ 早朝6時半、電話が鳴りました。おやおや、こんな時間の電話はただ事でない場合が多いのであわてて電話にとび付きます。「 あっ、オレオレ 玄関に柚子を置いてきたから。  早かったから黙って来ちゃった、見といて。」夫の又従弟です。大きな段ボール箱が玄関にいました。実はクリスマスシーズンを迎え、シュトレンならぬ シュトヨネン製作計画進行中の清水館です。若女将が我が家に持ち込んだシュトレン…
  • 母子旅行。
    ​ 10月中旬、結婚したての次女と二人でドバイを訪れた。 結婚前に行きたかったのだが、仕事もあり日程を決めた。 私にとってドバイは二度目である。 2015年2月に、懇意にしているサウジアラビア人ファミリーの結婚式に招かれジェッダに向かった際、トランジットを利用して二泊したのだ。 この時はサウジアラビア人のマダムに連れられ、エステサロンでのフルコースを体験したり、彼女らの買い物っぷりを…
  • 中の人。
    TOYOTA​ GAZOO Racig ​​​​カレンダー9月 中の人はこの方です。カレンダーのまさにこの写真の中の人です。太田様。明日のシロキヤラリーに備え我が家にも36名のラリストがお泊りです。​雨にも負けず、風にも負けず、悪路にも、落ち葉にもすべてに勝って完走してください。試走の画像を見ながら作戦会議。ジンギスカンで明日のパワーを充填します。
  • TOYOTAじゃない!?
    ​​ドバイの道路は6割がたトヨタ車に埋め尽くされていた。ランクル、レクサスが圧倒的でヤリス(ビッツ)、プレビア(エスティマ)も頑張っていた。ところが現地人はレクサスブランドがトヨタだと理解していないというのだ。まっ、何でもいいけど、とにかくたくさん走っている。ランエボは見なかった、一台も。豊根にいた方がよく見る。そしてこれだけは絶対無いかもと思っていたハイブリッドカー。滞在中3度見た…
  • なぜかランクル。
    ​​40年くらい(?)前の事だったか、なぜか埼玉という歌が流行った。右も左も、前も後ろも、とにかく埼玉尽くしという歌だった。初めて聴いた時にはおかしくて笑った。今回、ドバイへ行き、 「なぜかランクル」 という状況に身を置いてきた。死ぬまでにやりたい事の一つに、砂漠でランクルクルーズがある。せっかくドバイに行くならと、オプショナルツアーで申し込み叶った。ホテルにお迎えに来たのはランクル…
  • MAD FOX 誕生。
    ​​​​どうだこの茂りようは、これが宿屋の庭か!?夏を越えた今、私は時間を見つけては庭の草をむしり、形の崩れた庭木の剪定をする。庭でチェンソーやバリカンを振るっていると通りかかる車が、きっと私へのしっかりやれよというエールのつもりか、ピッと鳴らしながら通りすぎて行く。しかし流れる汗が目に流れ込み、フロントガラスは陽の光を反射し、誰が運転手なのかさっぱりわからない。車で誰だかわかるだろ…
  • 境界線。
    ​​「 先祖が残したものだから…地域のためにいつでも放棄する覚悟はできているのだけど…」昨夜のお客様は千葉県からのご家族でした。設楽町の森林組合から山林の境界線を確認してほしいと連絡があり、数十年ぶりに先祖の出身地である愛知県を訪れました。90代の大奥様が子供のころ設楽町へ何度か来た、というほどの不在地主です。山林を所有しているものの、それについて考えたこともなく数十年を過ごされまし…
  • 焚く気満々。
    ​ 先週末はトヨタ自動車EM部 駅伝合宿の皆様がお泊りくださいました。いつもありがとうございます。 今週末のお客様もトヨタ自動車どっかの部の駅伝合宿の皆様です。9月の第2​週にもトヨタ自動車駅伝合宿でご利用いただいております。 清水館での高地トレーニングはきっと良い結果を生み出しているのでしょう。自動車製造会社内での駅伝大会、かなり力が入っているようです。 4歳10か月の孫娘も母親を…