mizumizuのブログ

若い頃は外資系ホテルで秘書。現在、思春期の二人の娘を持つフリーの英語通訳・技術系翻訳・ガイド。
監査やモノづくりの現場通訳に生きがいを感じる職人肌。
ゴルフを開始&バリバリの体育会系元競泳選手です。
Freelance translator living in Kyushu, JAPAN. Like to visit rural areas, drinking/eating local cuisine, talking with local people. Competition swimmer for more than 30 years. Just started Golf last year.

mizumizuのブログ 前の記事次の記事

12 06
ケイティとジェイミーから学んだこと:「九州の真の魅力とは?」

What I learned from Katy & Jamie: True attractions of Kyushu?

いやー、久々にしっかりした20代外国人と出逢えました。

Yakiniku Lunch at Takachiho Beef Restaurant NAGOMI.

English & Korean Menu will be soon available, transalated by Mizumizu.

Enjoy the true Takachiho Beef at a reasonable price.

 

「しっかり」って?
洞察力の深さ、情報発信時の裏付け、写真センス、デザイン力
文章力、公平性、客観性 とでも言いましょうか。

100日間一日の休みもなく、毎日その日のうちに

ブログをUPする。若いとはいえ、かなりの激務です。
ブログもただの日記ではありません。そこから 何かを見出し、

欧米の視点と絡め、すべての情報に裏付けをとり、

ジャーナリストとしてのブログなんです。


とても20代後半と思えないような落着きの知的なジェイミー。
ちょっとお茶目でかわいいケイティ。
ナイスカップルです。

(通常、ゲストの写真はブログUpご法度ですが 

今回のプロジェクトはPR性の面からもOK)

さすがに2000人近い外国人の中から選ばれただけに
あっぱれでした。

最後に夕飯食べながら、後18日で日本一周を終える彼らへ、

こんな質問をしてみました。
「九州にもっと多くの外国人が来てもらうには、どうすべきだと思う?

何が 一番 売りになるのかな?」って。

 

ジェイミー&ケイティ 第一声が「Coast line」(海岸線)って言いましたね。

「へーっ」て感じ。

続いて「各県が これほど異なって、特徴が違う地方は日本全国探してもない。

しかも、京都のように突出した地域が、地方に一つあるだけでなくて、

九州という島全体が、それぞれ 誇るべき見どころ、大自然、文化、食生活

を独自のものとして持っていること。

本当に驚くほど、県によって顕著な違いが見られること」

 

以前、東京出身のガイド仲間から

「なんで、九州の人って 県・県 っていうんですかあ?東京はだれも都府県気にしてませんよ」

って質問されたことあったけど、

九州人にとっては「県」はひとつの「文化圏であり、縄張りであり、生まれた時から

それが染みついてるんだな」って改めて 彼らの言葉を聞いて感じた。

 

気づかせてくれてありがとう。

これからもめげずに 地道に 九州のネタ、素敵な人々、美味しいローカル食を

発信し続けます。

 

私は九州全土をひとつのテリトリーとして、Native Kyushuとして

それぞれの文化や人々を尊重しながらカバーできるガイド業をしていきたいなと。

気持を新たにしてくれた この若きカップルなのでした。

お幸せに。
 

PS:みかんは、UKでは「Satsuma(さつま)」という名前で売られているらしい。

どこでもMikan Mikanと言って買い求めるかわいいケイティでした。

日本食はやはり塩分が多いらしく、喉が渇くので、

「この3か月で3年分のコーラを飲んでるよ」って

笑う二人でした。


コメント

--------これより以下のコメントは、2013年5月30日以前に-----------
あなたのブログにコメント投稿されたものです。

ひろごん [2011年12月19日 12:54]
今日、やっとブログ読ませてもらったよ。
ケイティさんとジェイミーさんとの出会いで新しい発見も
あったみたいだね。
宮崎に住んでいたこと、そこでのつながりがずっと
続いていて、今につながっているのもとってもいいね!
みずみずがんばっているなあ~と感心してしまう。
私もがんばらねば。

そうそう、ヒューストンでもミカン「Satsuma」って
名前で売られているよ~。
mizumizu [2011年12月19日 22:51]
ひろごん テキサスでも「さつま」なの?品種かな?
男性は赴任が終わるとぷちっと切れてしまうけど、女性は自分のネットワークで作った友達だから、いまでもずーっと仲良く連絡取り合ってるよ。ある意味、男性はかわいそうかも。 今回の旅は 恩返し。私の仕事の根底にはいつも、恩返しというキーワードが実はあるんだあ
帰国してゆっくりね

コメント

この投稿に対するコメントはありません。