トヨタ カムリ 新型、最新の運転支援システムを搭載

トヨタ・カムリ新型
トヨタ自動車は6月23日、今夏米国市場で発売する新型『カムリ』に、最新の運転支援システムを搭載すると発表した。

新型カムリに設定されるのが、「トヨタ・セーフティ・センスP」。歩行者検知機能付きの自動ブレーキをはじめ、ダイナミックレーダークルーズコントロール、ステアリングアシスト付きレーン逸脱警告システムなど、最新のアクティブセーフティ技術を導入している。

また、オートマチックハイビーム、リアクロストラフィックアラート付きのブラインドスポットモニターも用意。インテリジェントクリアランスソナーには、新開発のリアクロストラフィックブレーキシステムも含まれる。

また、新型カムリの全グレードに、「スター・セーフティ・システム」を標準装備。10個のエアバッグをはじめ、強化されたVSC、トラクションコントロール、EBD、ブレーキアシスト、ABS、スマートストップテクノロジーを採用。また、新型カムリ全車に、バックアップカメラを標準装備している。

トヨタは「新型カムリには、究極の目標である事故による死傷者ゼロに向けて、最新の運転支援システムを搭載した」とコメントしている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス