ソフトバンク、自動運転関連のベンチャー企業Nautoに178億円を出資

ソフトバンク、自動運転関連のベンチャー企業Nautoに178億円を出資
ソフトバンクの孫正義社長は7月20日、同社のイベント「Softbank World 2017」の基調講演において、人工知能による安全運転支援サービスを提供するベンチャー企業、Nautoへの出資を発表した。

Nautoのデバイスは、車内外のカメラやGPSなどのセンサーによって、ドライバーの状態や運転データをセンシングし、安全運転のアドバイスをする。またデバイスは通信機能を持ち、AIによる運転支援や、運転データを自動運転向けの学習データとしてクラウドに集積することがポイントだ。

基調講演においては、NautoのCEOであるステファン・ヘック博士も登壇し、プレゼンテーションをおこなった。

Nautoの発表によると、ソフトバンクの投資額は1億5900万ドル(約178億円)。Nautoにはソフトバンク以外にも、アリアンツ(保険会社)、BMW、GM、トヨタの関連会社が出資者として以前より名を連ねている。

(レスポンス 佐藤耕一)

[提供元:レスポンス]レスポンス