【リコール】マツダ ボンゴ など、セレクトレバーが操作できなくなるおそれ

マツダ・ボンゴ
マツダは7月27日、『ボンゴ』などのセレクトレバーに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、マツダ『ボンゴ』と日産『バネット』の2車種で、2015年11月12日~2016年6月7日に製造された4289台。

溶接設備の設定が不適切だったため、セレクトレバーとブラケットの溶接が不十分なものがある。そのため、セレクトレバー操作により溶接部が破断し、操作できなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、セレクトレバーの溶接状態を点検し、不適切なものはセレクトレバーを良品と交換する。

不具合は2件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス