ダイムラーのモビリティ子会社、位置情報アプリプロバイダーを買収

Familonet社の公式サイト
ダイムラーは8月4日、子会社でモビリティサービスを手がけるムーベル(Moovel)グループを通じて、位置情報アプリのプロバイダー、Familonet社を買収すると発表した。

Familonet社は2012年、ドイツ・ハンブルクに設立された新興企業。Familonet社の位置情報アプリは、ドイツ、米国、ブラジル、インドなど、世界中の200万人以上が利用している。

一方、ダイムラー傘下のムーベルグループは、予約や支払いなど、さまざまなモビリティサービスへのアクセスが必要な都市のモビリティのためのオペレーティングシステムを提供。ムーベルのモビリティアプリは、ドイツでは、公共交通機関、カーシェアリングの「car2go」、mytaxiなどに対応。ほとんどのサービスは、ムーベルのアプリを介して、簡単に予約と支払いが行える。

ムーベルグループはFamilonet社を買収することにより、世界中で位置情報機能を利用した日常的なコミュニケーションを簡単にする。このライブロケーティングは、将来の都市のモビリティのためのソリューションを開発するために使用することができる。

なお、200万人の登録ユーザーを持つFamilonetアプリは、今後も提供される予定。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス