輸入車販売、VW不振で16か月ぶりのマイナス 7月

VWゴルフ
日本自動車輸入組合は、7月の輸入車新規登録台数(外国車メーカー)を発表。前年同月比4.8%減の2万0993台で16か月ぶりのマイナスとなった。

ブランド別では、メルセデスベンツが同0.7%増の5081台で、29か月連続トップ。2位BMWも同0.4%増の3586台と順調だったが、3位フォルクスワーゲンは同16.1%減の3128台と大幅に数字を落とした。

7月の輸入車販売台数ランキング上位10ブランドは以下の通り(カッコ内は前年同月比)。

1位:メルセデス・ベンツ 5081台(0.7%増)
2位:BMW 3586台(0.4%増)
3位:フォルクスワーゲン 3128台(16.1%減)
4位:アウディ 1839台(3.2%減)
5位:BMW MINI 1695台(1.1%増)
6位:ボルボ 1328台(17.7%増)
7位:ジープ 644台(21.7%減)
8位:ルノー 639台(88.5%増)
9位:プジョー 634台(1.0%増)
10位:フィアット 434台(9.4%減)

なお、日本メーカー車の輸入車新規登録台数は同23.8%減の3436台で5か月連続のマイナス。これを合わせた合計では、同7.2%減の2万4429台で2か月ぶりのマイナスとなった。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス