「ぶっちぎれ」日産の新たなブランドキャペーン

新型リーフ、ティザーイメージ
日産自動車は7日より、「ぶっちぎれ 技術の日産」のスローガンのもと、新たなブランドキャペーンを開始する。「やっちゃえ NISSAN」に続くブランドキャペーン第2弾だ。

日産は2015年、「やっちゃえ NISSAN」というメッセージとともに、電気自動車と自動運転によってもたらされる持続可能なモビリティ社会、その実現に挑戦することを宣言した、ブランドキャンペーンを開始した。

日産によると、「自分の信じる道に、勇気をもって踏み出そう」という投げかけでもあった「やっちゃえ」には、多くの人が共感し、支持したという。また、電気自動車や自動運転によって未来をつくりだすという企業姿勢も評価され、キャンペーンは様々な広告賞を受賞した。

日産は、安全かつ持続可能な社会の実現を目的とした「ニッサンインテリジェントモビリティ」に取り組んでいる。この取り組みとして、車の電動化、知能化に向けた技術開発により、車と人々の体験をよりワクワクするものへと進化させたいと考えている。

きたる9月に日産は、電動化技術と自動運転技術とがひとつになった、電気自動車の新型『リーフ』を公開予定だ。新ブランドキャンペーンは、新型リーフの誕生を機に、日産だから成し得る「技術力」を基に、さらなるチャレンジを宣言するものだ。「さらに抜きん出た存在へ! もっと人生を面白くする会社へ!」との思いを「ぶっちぎれ」の言葉に込め、顧客の期待を超える商品や技術を届ける、というのが日産の宣言だ。

(レスポンス 高木啓)

[提供元:レスポンス]レスポンス