【BMW G310R 試乗】大型免許不要、アンダー400でも「しっかりBMW」…青木タカオ

BMW G310R
アンダー400cc、つまり普通2輪免許で乗れるBMW、それが『G310R』だ。

車体サイズはコンパクトで気負わず乗れるサイズだが、タンクにボリューム感があるし、座面の広いシートやワイド気味なハンドルで、排気量のわりには車格はしっかりとしている。

なのでライディングポジションにも窮屈さがなく、身長175cmの筆者が乗るとしっくりとくるから日本人の標準体型だと、まさに“ちょうどいい”といった印象。

ダウンサイジングモデルでありながら、細かいところをじっくり眺めても完成度が高い印象を受け、チープさがないのはさすがBMWと言える。

最大の特徴はシリンダーを後傾させ、従来のエンジンとは逆に吸気を前方から、排気を後方とした単気筒エンジン。フロント荷重が得やすことで旋回性が高まり、ホイールベースを長くしなくてもスイングアームを伸ばし直進安定性も高まるなど利点は多い。

そのシングルエンジンは軽やかに回り、走りもキビキビと気持ちがいい。低回転域からトルクがしっかりあって、クラッチミートに気を遣う必要もない。中高回転も元気溌剌で、レブリミッターの効く1万500回転まで淀みなく回っていく。

前後サスペンションはよく動き、フレンドリーなキャラクターを決定づけているが、ペースを上げて負荷をかけても踏ん張りが効き、スポーティな走りも楽しめる。

そうした250cc勢とは1ランク上の走りが魅力なのはもちろん、高級バイク『BMW』に乗っているという満足感がちゃんとあるのも強みだ。

■5つ星評価
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★★
コンフォート:★★★
足着き:★★★★
オススメ度:★★★★★

青木タカオ|モーターサイクルジャーナリスト
バイク専門誌編集部員を経て、二輪ジャーナリストに転身。自らのモトクロスレース活動や、多くの専門誌への試乗インプレッション寄稿で得た経験をもとにした独自の視点とともに、ビギナーの目線に絶えず立ち返ってわかりやすく解説。休日にバイクを楽しむ等身大のライダーそのものの感覚が幅広く支持され、現在多数のバイク専門誌、一般総合誌、WEBメディアで執筆中。バイク関連著書もある。

(レスポンス 青木タカオ)

[提供元:レスポンス]レスポンス