【フランクフルトモーターショー2017】メルセデスAMGプロジェクト ワン、350km/h超 公開予定

メルセデスAMGプロジェクト ワン
メルセデスベンツの高性能車部門、メルセデスAMGは9月1日、ドイツで9月12日に開幕するフランクフルトモーターショー2017で初公開予定の『メルセデスAMGプロジェクト ワン』に関して、最高速が350km/hを超えると発表した。

メルセデスAMGプロジェクト ワンは、メルセデスAMGの創業50周年を記念し、F1技術を搭載した公道走行可能な市販車、「ハイパーカー」として開発中。エンジンは、F1マシンの1.6リットルV型6気筒ターボがベース。この1.6リットルV型6気筒ターボエンジンに、フロント2個、リアに1個のモーターを組み合わせたハイブリッドとし、加速時などにエンジンのパワーをアシストする。

ハイブリッドパワートレインは、システム全体で1000hp以上のパワーを獲得。EVモードも備えており、最大で25kmのゼロエミッション走行を実現する。

メルセデスAMGは今回、メルセデスAMGプロジェクト ワンの最高速が350km/hを超えると発表。まさに、「ロードゴーイングF1」と呼ぶに相応しいパフォーマンスを備えていることになる。

また、メルセデスAMGは、予告イメージを1点配信。「F1のハイブリッド技術によるサーキット性能と、模範的な効率を兼ね備えている」とコメント。予告イメージからは、LEDライトやルーフ上のエアダクトなどの特徴が見て取れる。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス