ロールスロイス、ブランド初の電動車両を市販へ

ロールスロイス 102EX
BMWグループは9月7日、傘下の超高級車ブランド、ロールスロイスに将来、ブランド初の電動パワートレイン搭載車を設定すると発表した。

ロールスロイスは過去に、電動車両のプロトタイプを開発したことがある。2011年3月、ジュネーブモーターショー2011に出品した『ファントム』ベースのEVスタディモデル、『102EX』がそのモデル。

102EXは、2個のモーターを積み、最大出力394ps、 最大トルク81.6kgmを獲得。二次電池は蓄電容量71kWhのリチウムイオンバッテリー。0~96km/h加速8秒以下、最高速160km/h(リミッター作動)の性能を備えていた。

実験車としての意味合いが強かった102EXだけに、その後、同車が市販に移されることはなかった。2011年当時の技術では、走行距離が制限されるEVに対して、顧客の関心が低かったことが理由と伝えられる。

しかし今回、BMWグループはロールスロイスに将来、電動パワートレイン搭載車を設定すると発表。「i」ブランドなどで培った最新電動技術を導入し、航続などの面で実用的な性能を備えた電動車両を発売する計画と見られる。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス