【フランクフルトモーターショー2017】ベントレー コンチネンタル GT 新型を発表へ…635ps

ベントレー コンチネンタルGT 新型
ベントレーは9月11日、ドイツで9月12日に開幕するフランクフルトモーターショー2017において、新型『コンチネンタルGT』を初公開すると発表した。

初代コンチネンタルGTは2002年に発表。2010年には、現行の2世代目モデルが登場した。フランクフルトモーターショー2017で公開予定の新型は、3世代目モデルとなる。

新型コンチネンタルGTは、初代と2代目のデザインを大幅に変更。ベントレーは2015年春、ジュネーブモーターショー2015において、2ドアクーペのコンセプトカー、『EXP 10 スピード 6』を発表。新型コンチネンタルGTには、フロントマスクなどに、このコンセプトカーのモチーフを採用。さらに、ボディ全体もグラマラスなラインに進化した。

SUVの『ベンテイガ』譲りの新世代6.0リットルW12気筒ツインターボ「TSI」エンジンは、最大出力635ps、最大トルク91.8kgmを獲得。トランスミッションは8速デュアルクラッチ、駆動方式は4WD。新型コンチネンタルGTは、0~100km/h加速3.7秒、最高速333km/hの優れた性能を実現する。

また、アダプティブシャシーには、48Vの「ダイナミックライドシステム」を採用。路面状況を問わず、乗り心地やハンドリングを引き上げた。新システムでは、横方向のロールを制御することで、乗員への不快な挙動を抑えている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス