三菱 パジェロスポーツ、ロシア現地生産を11月より再開

三菱 パジェロスポーツ
三菱自動車は9月19日、『パジェロスポーツ』のロシア現地生産を11月よりカルーガ工場で再開する予定であることを発表した。再開に伴い同工場では約440名の雇用を創出し、2018年1月からは2直の生産体制となる。

三菱自動車は2013年7月、PSAプジョー・シトロエンとのロシア合弁車両組立工場であるPCMA Rusにて、パジェロスポーツの生産を開始。しかし、ロシアの経済危機による自動車市場の低迷もあり現地生産を停止。過去2年間、パジェロスポーツはタイから輸入販売していた。

ロシアの自動車市場は、2017年4月から7月の4か月間で前年同期比14%増加するなど急速に回復し、同期間における三菱自動車の販売も19%増を記録するなど、好調を維持。今回、ラインアップ拡充を目的に、パジェロスポーツの現地生産再開を決定した。

カルーガ工場は、2009年に設立され、建屋面積は12万5000平米で年間の生産能力は12万5000台。三菱自動車のミッドサイズSUV『アウトランダー』のほか、PSAグループ向けの複数の車種を生産している。

三菱自動車の益子修CEOは、「多機能性とカーライフの充実を可能にするパジェロスポーツは、ロシアの様々なユーザーニーズに応えるクルマだ。アウトランダーの成果も活かし、今後もロシアの顧客に提供する車種ラインアップの拡充に取り組んでいく。主力車種の現地生産は、将来の販売拡大とロシアの経済回復に貢献するために不可欠である」と述べた。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス