【日産 リーフ 新型】クラリオン、自動駐車用ECUとナビシステムをOEM供給

日産リーフ新型
クラリオンは、10月に発売される日産の新型『リーフ』向けに、自動駐車用ECUおよびナビゲーションシステムをOEM供給すると発表した。

新型リーフは、国産車で初めて駐車操作のすべてを自動制御する本格的な自動駐車システムを搭載する。同システムは、両社が共同開発を進めてきたアラウンドビューモニターの技術をベースとする画像認識技術とソナー信号を自動駐車用ECU内でフュージョン処理することで、高精度な駐車空間認識を実現。縦列、並列駐車など、駐車を苦手とするドライバーを支援する。

この新自動駐車システムでは、クラリオンが新たに供給するナビゲーション画面上に、クルマを真上から見ているようなアラウンドビューモニターの映像を表示。ドライバーはアラウンドビューモニターの表示によって、クルマをどこに駐車するか駐車動作や駐車位置が把握しやすくなる。

新ナビゲーションシステムは、ディスプレイに高精細ワイドVGA7インチディスプレイ&タッチパネルを採用。直感的に操作できるフィンガージェスチャーに対応し、フリックやピンチイン/アウトなどスマートフォンライクな操作ができる。また、自動的に更新される充電スポット情報や到達可能予想エリアの表示といったEV専用のサポート機能も搭載する。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス