豊田合成、佐賀工場でミリ波レーダ対応エンブレムなど生産開始へ

ミリ波レーダ対応エンブレム
豊田合成は9月22日、「ミリ波レーダ対応エンブレム」と「エアバッグ用ガス発生装置」の生産を、昨年9月末にLEDの生産を休止した佐賀工場(佐賀県武雄市)で開始すると発表した。2018年5月に生産を始め、2020年度までに生産ラインを順次稼働させる。

ミリ波レーダ対応エンブレムは、安全運転支援システムに用いられるミリ波レーダの電波を遮らない特殊なエンブレムで、自動運転技術の拡大に伴い搭載が伸びている。

またエアバッグ用ガス発生装置は、世界各地域での安全規制の強化に伴うエアバッグの生産拡大により必要数が増えている。

佐賀工場の従業員数は2017年度末に約50名、2020年度末に約100名をぞれぞれ予定している。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス