【CEATEC 2017】ホンダ、モバイルバッテリーパックシステムを初公開予定

ホンダ ブースイメージ
ホンダは、10月3日から6日まで幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2017」にて、着脱可能な可搬式バッテリーと充放電機器などで構成する「ホンダ モバイルバッテリーパックシステム」を初公開する。

ホンダ モバイルバッテリーパックシステムは、着脱可能な可搬式バッテリー「モバイルバッテリーパック」と充電ステーションユニット「モバイルバッテリーパック エクスチェンジャー」、充放電器「モバイルバッテリーパック チャージ&サプライ」で構成する。

モバイルバッテリーパックは再生可能エネルギーで発電した電気を蓄え、小型電動モビリティーの動力や家庭での電源として活用できる。モバイルバッテリーパック チャージ&サプライは、複数のモバイルバッテリーパックを同時充電でき、交換用モバイルパワーパックを供給するとともに、電力需要のピーク時には、ステーション内のモバイルパワーパックから送電網に電力を供給、電力安定化に貢献する。モバイルバッテリーパック チャージ&サプライは、モバイルパワーパックと組み合わせることで、非常時の電源として、また無電化地域での常時電源として活用できる。

ホンダブースではこのほか、高圧水素ガスの製造・供給を行う「スマート水素ステーション(SHS)70MPaコンセプト」を紹介。ホンダ独自技術の高圧水電解システムにより、コンプレッサーを使用しないコンパクトなサイズを実現、再生可能エネルギーなどの電気で水を電気分解し、水素を製造する。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス