速度規制引き上げ、新東名110km/hに...11月1日から、新静岡IC~森掛川IC

静岡県公安委員会は28日、新東名高速の速度規制引き上げ時期を決定。11月1日から最高速度110km/hとする。

試行実施区間は、新静岡IC~森掛川IC。上り線約49.7kmと下り線約50.1km。110km/hが適用されるのは普通車など、これまでの規制速度が100km/hだった車両。大型貨物、トレーラーなど80km/h規制の車両は、現状の規制速度が維持される。110km/hの引き上げ対象となった区間は、設計速度が120km/hの高規格道路だ。

速度差のある車両の通行については、80km/h規制の車両を道路左端の第一通行帯に限定する。110km/hが100km/h規制に変わる地点には、標識を設置して、引き上げ区間終了を明確にする。また、静岡県警は速度超過、車間距離不保持などの違反者に対する取締り、高速道路交通警察隊のパトロールを強化する。

25日の静岡県議会で、新東名の交通安全対策の質問に筋伊知郎県警本部長が、引き上げ後の安全対策について答えた。

11月1日の実施は、天候などの状況で変更される場合がある。

高速道路の最高速度見直しは、2013年に規制速度の見直しが提案され、昨年3月に速度規制見直しに関する提言が行われた。静岡県の引き上げは、岩手県と共に試行実施の候補にあがっていた。岩手県では東北道(花巻南IC~盛岡南IC)が対象で、現在実施時期について検討中だ。

(レスポンス 中島みなみ)

[提供元:レスポンス]レスポンス