客観的データ解析による交通事故損害調査を…三井住友海上がボッシュの機器を活用して実施

CDRを活用したデータ分析のイメージ
三井住友海上火災保険は、11月から自動車の損害調査にボッシュが国内で販売を開始する事故発生直前のデータを抽出・解析する機器「クラッシュデータ・リトリーバル(CDR)」を導入する。

自動車事故の損害調査ではこれまで、契約者などからの事故状況聴取や損害車両の確認が中心だったが、ボッシュ製CDRの活用する。

ボッシュのCDRは、エアバックが作動するなど、自動車に一定以上の衝撃が加わった場合、衝撃前5秒間の車両挙動や車両速度、ブレーキやアクセルの操作状況、シートベルトの装着状態、ハンドル操作状況、シフトポジションなど、車載記録装置(イベント・データ・レコーダー)に記録される各種事故データを抽出・解析が可能となる。

契約者などからの事故状況の聴取や損害車両の確認に加え、これら客観的データを活用することで、正確な事故状況の把握や適切な責任割合を判断し、高品質な事故対応サービスの実現を目指す。加えて自動車事故の損害調査に要する日数短縮、迅速な保険金支払いを目指す。

同社では今後、CDR活用の普及を図っていくほか、これらのデータを解読する専門のトレーニングを受けた「CDRアナリスト」を育成していく。

(レスポンス レスポンス編集部)

[提供元:レスポンス]レスポンス