ヤマハ MTシリーズ 1300台が清里に集合…MTミーティング

MTミーティング
山梨県有数のツーリングスポット「八ヶ岳高原ライン」のほど近く、清里高原にあるサンメドウズ清里で9月30日、「MTミーティング」が開催された。ヤマハ『MTシリーズ』のオーナー達が、北は青森、南は宮崎から総勢1300台、1600名が来場し、賑わいを見せた。


ヤマハのMTシリーズは、2004年に登場した『MT-01』に始まるヤマハのネイキッドモデル。現在国内では、250ccモデルの『MT-25』から、『MT-03』、『MT-07』、『MT-09』、『MT-10』と、フルラインアップで発売されている。MTは“Master of Torque”の略で、ライダーがほしいときに欲しいだけのトルクを発揮できることを持ち味としたシリーズとなっている。

会場ではMTシリーズそれぞれの開発者が一堂に会して行われたトークショーや、チャリティーオークションなどのステージイベントのほか、企業ブースも展開されていた。

開発者トークショー終了後は、開発者もステージから降り、来場者らと意見交換を行っている場面も見られた。自分の「愛車」の開発者と気軽に話す機会もなかなかない。これもオーナーズミーティングの醍醐味だろう。

(レスポンス 吉田 凌)

[提供元:レスポンス]レスポンス