六本木ヒルズ、宅配ロボットが荷物を配達…ZMPなど実証実験スタート 10月8日より

自動走行宅配ロボット、キャリロデリバリー
ZMPは、日本初の自動走行する宅配ロボット「キャリロデリバリー」の実証実験を10月8日より六本木ヒルズで開始すると発表した。

ZMPでは、物流およびフードデリバリー業界の配達員不足や、買い物弱者の支援を目的に自動走行宅配ロボット キャリロデリバリーの開発と検証を続けている。キャリロデリバリーは宅配ボックスを搭載し、レーザセンサとカメラで周囲環境を360度認識しながら最大速度6km/hで自動走行可能。また遠隔で走行状況の監視や操作もできる。ボディサイズは全長1330×幅750×高さ1090mmで重量は90kg。稼働時間は8時間で、最大100kgの荷物を運搬できる。

今回、業務効率化や利便性向上のために、新たな配達サービスの導入を検討している森ビルとともに、実際の街における技術面やサービス面の検証を実施。舞台は、様々な都市機能が高度に複合したコンパクトシティであり、垂直移動から平面移動まで、多様な物流形態を想定した実験が可能な六本木ヒルズが選ばれた。

実証実験では、キャリロデリバリーを使用し、六本木ヒルズ内の物流センターや店舗等から森タワー内オフィスに、エレベータを使用して書類等の荷物を配達する実験を実施。今後は、物流センターからテレビ朝日の社屋等の六本木ヒルズ内各施設に荷物を運搬する実験もスタートする予定だ。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス