【農業ワールド2017】もはや台車ではない!? 農家の相棒ロボット

中西金属工業アグビー
農業ワールド2017会場の一角に、可愛(かわい)らしくもユニークな姿をした作業車があった。全長1m余りの、水陸両用車のようにも見えるボディ下部には、クローラーがセットしてある。名前は『アグビー』だ。

キャッチフレーズは、「農業生活を豊かに楽しくする畑の相棒」。畑でよく使われる台車を自動走行型にして、様々な機能を盛り込んだ。ベアリングリテーナーなどを手掛ける中西金属工業(大阪府大阪市)が、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科の奥出直人教授と共同で開発しているものだ。

農家は栽培、収穫、販売、営業など1人で何役もしなければならないことが多い。アグビーは、こうした身体的に負荷のかかる作業の軽減を図ろういうもの。作業者の後ろを自動でぴったりと追従しながら、重い荷物を運び、積み降ろしをサポート。収穫中は土壌センサーによって畑の状態を計測する。そして、そのデータを使って将来の収穫量や価格の予測も行うなど、生産効率を高めるサービスも提供するという。

最大積載量は100kg。作業者に代わって農薬を散布することもできる。また、時には害獣に立ち向かうこともするというから、まさに農家の心強い相棒となりえそうだ。

2018年度にも試験販売を始め、個人経営の農家などを支援する予定だという。

(レスポンス 嶽宮 三郎)

[提供元:レスポンス]レスポンス