ホンダ CB1300SF、新型発売…最高出力アップや新排ガス規制対応など

ホンダ CB1300スーパーフォア
ホンダは、大型ロードスポーツモデル『CB1300スーパーフォア』および『CB1300スーパーボルドール』を改良するとともに、平成28年度排出ガス規制に対応させ、10月20日より発売する。

CB1300スーパーフォアは、力強いエンジン性能と軽快な操縦性、ツーリングでの快適性を高次元で調和。防風効果の高いフロントカウルを装着するCB1300スーパーボルドールとともに、多くのファンの支持を集めている。

今回の改良では、最高出力を9ps増の110psに向上させるとともに、直4らしい吹け上がり感と重厚なサウンドの排気音を実現した小型2室構造マフラーを採用。また、アシストスリッパークラッチの採用、前後サスペンションやブレーキの最適化などでハンドリング性能を高めた。

外観では丸形LEDヘッドライトや小型バータイプLEDウインカーを採用したほか、タンク上面には、同モデルの基本コンセプトとなっている「PROJECT BIG-1」誕生25周年記念専用マークを配置。そのほか、別体式ETC車載器やスポーツグリップヒーター、アクセサリーソケットなどを装備し、快適性を高めている。

カラーバリエーションは両モデルとも、ツートーンカラーにゴールドラインを追加したパールサンビームホワイトと、シルバーに濃紺のストライプを配したソードシルバーメタリックの2色を設定。価格はCB1300スーパーフォアが144万7200円、CB1300スーパーボルドールが155万5200円。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス