【東京モーターショー2017】ポルシェ カイエン 新型をアジア初公開…受注開始へ

ポルシェ・カイエン(東京モーターショー2017)
ポルシェジャパンは10月25日、東京モーターショー2017の会場において、新型『カイエン』をアジア初公開した。

本モデルが第3世代となる新型カイエンは、今年8月30日にドイツ本国において公開。『911』で培った技術を投入し、サーキット走行も可能なパフォーマンスと公道での快適性を両立。新世代のポルシェのイメージを牽引するモデルだ。

新型は外観イメージを刷新。より伸びやかで洗練されたイメージとなった。ラインナップは、ベーシックからハイパフォーマンスまで6機種を用意。

エンジンは、機種に合わせてV6自然吸気(3598cc/300ps/400Nm)、V6ツインターボ(2種類:3604cc/420ps/550Nm、3604cc/440ps/600Nm)、V6スーパーチャージャーハイブリッド(2994cc/416ps/590Nm)、V8ツインターボ(2種類:4806cc/520ps/750Nm、4806cc/570ps/800Nm)を搭載。トランスミッションは8速ティプトロニックSが共通で採用。またアダプティブクルーズをはじめとした運転支援機能も装備される。

同日行われた会見には、ポルシェジャパンの七五三木俊幸代表取締役が登壇し、日本への導入と同日からの受注開始が発表された。納車時期は未定。価格は894万~2273万円となる。

(レスポンス 阿部哲也)

[提供元:レスポンス]レスポンス