三菱電機、48Vハイブリッド車向けISGシステムを開発…メルセデスが採用

三菱電機が開発したISGシステム
三菱電機は、欧州市場を中心に普及が見込まれている48Vハイブリッド車向けに、エンジン出力軸直結型のISGシステムを開発し、業界で初めて量産化した。ダイムラーのメルセデスベンツ車両に搭載される。

今回開発したISGシステムは、エンジン出力軸にモーターを直結することで、従来のベルト駆動型に比べて、高出力化と発電量を向上、搭載車の燃費改善に貢献する。独自の分割コア巻線技術により、大電流モーターに必要な太線コイルでも高密度な巻線を実現した。モーターの高出力化と薄型化を両立し、車両搭載性を向上した。

新開発の48V専用トランスファーモールド型パワー半導体モジュールを採用し、熱抵抗の低減や耐久性を向上した。最適設計した冷却ユニットと合わせて冷却性能を向上し、大幅な小型化と高信頼性を実現したとしている。

ダイムラーのメルセデスベンツ車両向けに量産を開始した。今後は小型・軽量・高出力化を図り、自動車の燃費改善によるCO2排出量削減に貢献する。

(レスポンス レスポンス編集部)

[提供元:レスポンス]レスポンス