【IIHS衝突安全】アウディ A5クーペ 新型、トップセーフティピックに認定

アウディA5クーペ
米国IIHS(道路安全保険協会)は、新型アウディ『A5クーペ』の衝突安全テストの結果を公表し、「2017トップセーフティピック」に認定すると発表した。

IIHSの「トップセーフティピック」を獲得するには、前面衝突、側面衝突、追突想定、スモールオーバーラップ衝突、ロールオーバー(車両転覆)の各耐衝撃性能試験のすべてにおいて、最高の「Good」評価となるのが条件。また、前面衝突予防評価において、「ベーシック」を獲得することも要求される。

さらに上の「トップセーフティピック+」を獲得するにさらに上の「トップセーフティピック+」を獲得するには、トップセーフティピックの耐衝撃性能試験での最高評価とともに、前面衝突予防評価で「アドバンスド」、「スーペリア」のいずれかの獲得が必要になる。また2016年からは、ヘッドライト性能評価が導入され、「Good」、「Acceptable」のいずれかの獲得も必要。チャイルドシートの固定のしやすさも、評価対象となった。

新型アウディA5クーペは、通常の前面衝突テスト、対向車がセンターラインを超えて衝突した場合を想定したスモールオーバーラップ衝突テスト、側面衝突、追突想定、ロールオーバーの各テストにおいて、最高のGood評価。また、前面衝突予防評価は最高のスーペリア。チャイルドシートの固定の評価も、最高のGoodを獲得。2017トップセーフティピックを獲得している。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス