【東京モーターショー2017】人工知能搭載EV、そんな未来の響きがすぐそこに…アウディ エレーヌ[詳細画像]

アウディ・エレーヌ(東京モーターショー2017)
アウディ『エレーヌ』は、レベル4の自動運転を実現するEVコンセプトカー。人工知能「アウディAI」を搭載し、高速道路を130km/h以下の速度であれば、車線変更も含む自律走行が出来る。

また、ガレージではバレーパーキングの代わりに、自動運転で自らスペースを見つけ駐車するなど、一定のエリア内や、環境下で、ドライバーの介入が全く必要のないレベル4の高度な自動運転機能を有している。

ボディはSUVクーペスタイルで、フロントに1個、リアに2個の3つのモーターを用いたフル電動のクワトロシステムを採用。エネルギー容量95kWhのリチウムイオンバッテリーを床下に搭載し、最大出力320kW(ブーストモード370kW)、0-100km/h加速4.5秒の性能を発揮するとともに1回の充電で最大500km以上の走行を可能としている。

アウディ初のEVとなる『e-tron』に続いて、2019年に発売を予定し、2020年までに日本へ導入する予定だという。

(レスポンス ショーカーライブラリー)

[提供元:レスポンス]レスポンス