【SEMA 2017】BMW 7シリーズ 新型のPHV、Mパフォーマンス発表

BMW 7シリーズ 新型のPHVのMパフォーマンス
BMWは10月31日、米国ラスベガスで開幕したSEMAショー2017において、新型『7シリーズ』のプラグインハイブリッド車(PHV)の「Mパフォーマンスパーツ」装着車を発表した。

Mパフォーマンスパーツは、BMWの純正用品の新シリーズ。BMWの子会社で『M3セダン』や『M4クーペ』などの開発・生産を手がけるM社が、BMW主力車のスポーツ性能を引き上げる目的で用意したアイテム群を指す。

すでに、『3シリーズ』、『5シリーズ』、『6シリーズ』、『1シリーズ』やSUVなど、BMWの主力車種の多くに、Mパフォーマンスパーツが設定済み。SEMAショー2017では、新型7シリーズのPHVモデル、「740e xDrive iパフォーマンス」のMパフォーマンスパーツ装着車が初公開されている。

外観は、専用の前後バンパーを装備。キドニーグリル内部はグロスブラック化されており、迫力を増した。ドアミラーカバーは、カーボンファイバー製。トランクには、スポイラーが装着される。足元は、ワイドなホイールで引き締められた。

インテリアは、BMWインディビジュアルの手によって、カスタマイズ。赤いレーザーがシートやドアトリム、ダッシュボード下部に奢られている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス