【F1】フェリペ・マッサが母国GPを前に2017年シーズン限りでの引退を発表

フェリペ・マッサ
今年もウィリアムズからF1世界選手権に参戦しているフェリペ・マッサが現地時間の4日、今シーズン限りでの引退を発表した。

2002年にザウバーからF1デビューを果たし、2006年にはフェラーリへ移籍。そこから計11勝を挙げる活躍をみせた。2014年以降はウィリアムズに移籍し、当時不振にあえいでいたチームの復活に貢献。ポールポジションを獲得するレースもあったが、勝利にはなかなか結びつかず、2016年いっぱいで一度は引退を表明していた。

ところが、同年にチャンピオンとなったニコ・ロズベルグも急きょ引退を発表。これにより空席となったメルセデスに、バルテリ・ボッタスが移籍することになり、そこに空いてしまったウィリアムズのシートを埋める形でマッサが引退を撤回し、2017シーズンも戦うことになった。

母国のブラジルGPを来週に控えた11月4日、マッサは自身のSNSに動画を投稿し、「皆さんもご存知の通り、昨年いっぱいでF1を引退することを発表したが、ウィリアムズのリクエストにより、今年も走ることになった。でも、今回こそが僕にとって最後のブラジルGP、そして(最終戦の)アブダビGPとなる。これまで応援してくれたファンの皆さんには、本当に感謝している」と感謝のメッセージを伝えた。

さらにマッサは、来年以降もレーシングドライバーとしてのキャリアを継続していく意思があるようで、「来年も他のカテゴリーでレースをする機会があれば、引き続き応援してほしい」とコメントを残している。

昨年は、予想外の展開から引退を撤回することになったマッサだが、今回は彼にとってF1最後のシーズンとなりそうだ。

(レスポンス 吉田 知弘)

[提供元:レスポンス]レスポンス