【EICMA 2017】ヤマハ、フロント2輪の大型3輪バイク「ナイケン」を出展予定…2018年市場投入

ヤマハ ナイケン
ヤマハ発動機は、フロント2輪の大型3輪バイク『NIKEN(ナイケン)』を11月9日からイタリアで開催される「ミラノ国際モーターサイクルショー(EICMA)」に出展、2018年に市場投入すると発表した。

ヤマハ発動機は、モーターサイクルのようにリーン(傾斜)して旋回する、LMW(Leaning Multi Wheel)テクノロジーを採用するフロント2輪の3輪バイク『トリシティ125』を2014年に発売。2017年には軽二輪モデルの『トリシティ155』をリリース。今回発表するナイケンはLMWモデル第3弾となる。

ナイケンはLMWテクノロジーを進化させた新ステアリング機構を採用し、自然な操舵感、リーン特性、タイヤ摩耗低減効果を実現。さらに45度のバンク角、片側2本の外側片持ち倒立フロントサスペンション、410mmトレッド設定、2軸ステアリング機構などをバランスさせ、スポーティな旋回性と安定感を両立させた。

フレームは各部の強度・剛性・しなりに応じ、工法と材質を使い分けたハイブリッドタイプを採用し、優れたハンドリングを実現。リアアームはアルミ鋳造+パネル溶接とし、優れた剛性・強度バランスを持たせている。またリアアーム長を552mmと長くし、加減速にともなうリアアームの対地上角変位を最適化することで、旋回時の優れた安定感に寄与。フロントタイヤはLMW専用120/70R15のVレンジタイヤを採用。優れたグリップ性、耐摩耗性、ウエット性能を発揮する。

パワーユニットは、最高出力115psを発生する847cc水冷直列3気筒の軽量エンジンを搭載。最新の『MT-09』用エンジンをベースに、クランク慣性モーメントの最適化、およびFIセッティングにより、スポーティかつマイルドな操作性を生み出している。またミッションには、『YZF-R1』と同素材高強度の「KKG8」材を採用し、スポーティな走りに対応する。

外観はフロント2輪・15インチ&片側2本のフロントサスペンションという新メカニズムを活かし、エキサイティングな走りを予感させるスタイルとした。フロントフェイスは、エアロダイナミクス性能とフローティングマウントの軽快感あるスタイリングを両立。2眼ヘッドライトとフロントの幅を示すポジションライトの組み合わせは、機能的かつスポーティな表情を演出する。タンクは滑らかな曲面形状のアルミ製とし、軽量ボディに貢献するとともに、ライダーアクションにフィットする形状とした。

そのほか、滑らかな発進性・走行性を支援するTCS(トラクション・コントロール・システム)、車体挙動の緩和と軽いクラッチ操作荷重を支えるA&Sクラッチ、滑らかにシフトアップできるQSS(クイック・シフト・システム)、走行モードを選べるD-モード、クルーズコントロールなどを採用した。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス