メルセデス Gクラス 現行型、生産終了段階に…限定車を発表

メルセデスベンツGクラスの限定車
メルセデスベンツは11月6日、現行『Gクラス』が生産終了段階に入ったことを明らかにし、本国で3種類の限定車を発表した。

Gクラスは1979年に誕生。軍用車両をベースとしており、堅牢な足回りが実現する高いオフロード性能が特徴。また、デビュー以来およそ40年に渡って、基本設計を変えずに生産を続けていることも、コアなファンに支持されている理由のひとつ。

メルセデスベンツは11月6日、現行Gクラスが生産終了段階に入ったことを明らかに。同時に、3種類の限定モデルを発表した。

限定車は、「G350dリミテッドエディション」、「G350dプロフェッショナルリミテッドエディション」、「G500リミテッドエディション」。デビュー年の「1979」を示す専用エンブレムが内外装に配されるほか、専用のボディカラーや内装を採用する。

なお生産台数は、Gクラスの開発コード「463」にちなんで、各463台が限定生産される。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス